2017年1月12日

2017年01月12日 (木)

思い新たに 田中泉

ニュースウオッチ9をご覧のみなさま、いつも有難うございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします!

年が明けて間もなく2週間が経ちますね。
お正月に今年1 年、そしてこれからどう過ごしていこうか
去年や過去の自分を振り返って思いを新たにした方も多いのではないでしょうか。
私もおろしたばかりの手帳を開いて、やりたいことを欲張りといわれそうなほど書きました。

これまでの人生を振り返ったとき、すんなりといったことやもがいたこと、みなさんいろいろあると思いますが
特に困難な状況に陥ったときに
明確に「こうしよう」、「こうすれば良い」という信念のもと乗り越えてきた人って
意外と少ないのではないでしょうか。
恐らく多くの場合、その都度悩んでもがいたり、その末に諦めることもあったり、人に助けてもらったりと…
いろいろな出来事を日々繰り返しながら、徐々にまた新たな目標やステージに向かって歩き続けていきますよね。

それ自体が人生の醍醐味だとも感じますが、やはりしんどいことはしんどいですよねえ、
できればしなやかに生きていきたいものです。

前置きが長くなりましたが、先日そうした生き方のヒントを頂く出会いがありました。
先週放送した新春インタビューでお話をうかがったPRプロデューサーの殿村美樹さんです。
殿村さんは小学生の頃、母親が家を出ていったり家が貧しかったりしたことなどから
いじめを受け一時は自殺を考えるほどだったそうです。

そのとき近所の商店の女性に声をかけてもらったことが、
家と学校しか世界にないと思っていた子ども時代に自分にはほかにも居場所があるのだということに気付いたといいます。
殿村さんはこの原体験を「ズラす」という言葉で表現し、日々の仕事でもこの「ズラし」の手法を取り入れてご活躍されています。

何事も「ズラせば、違う世界が見えてくる」という言葉は、
困難な状況を乗り越えてきた殿村さんからうかがうからこそより力強く、とても納得がいきました。

でもどこかでこのメッセージが殿村さんだからこそできる特別なことだと思われると
その価値が薄れてしまうとも感じていました。

また、優しい気持ちを持つ人ほどズラすことを逃げることと思い罪悪感を感じてしまうのではないかと。
何事も真正面から向き合わなければいけないと思ってしまう人もいると思ったのです。

最後にその思いをぶつけてみました。
すると「人生において逃げるなんてことってあるのかな」
「逃げることと思うこと自体が間違いではないか」という言葉を頂けました。

これを見て下さった方がどう思われたかは分かりませんし、
人それぞれ様々なケースがあるのは百も承知ですが、
少しでも心が軽くなり自分を否定せずこれからも生きていこうという思いになった方がいらっしゃれば幸いです。

2017年、今年も良い一年にしましょう!!

v.jpg

           (殿村さん 一緒に制作した成清PDと(*^_^*))

 

(インタビューの特集ダイジェストは以下から読むことができます。)
http://www9.nhk.or.jp/nw9/digest/2017/01/0105.html

投稿者:田中泉 | 投稿時間:17:33 | カテゴリ:過去の出演者 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top