佐々木彩

2017年02月16日 (木)

オレの時間 その2  佐々木彩

「その1」から続きます!

【ベテラン編】

☆阪神 福留孝介選手

fukudome.jpg

 

思わず私も深くうなずいてしまいました。大事な時間は『食事、お酒』。

時間の関係で書いていただくことができなかったのですが、

実は広島の新井貴浩選手も、『後輩と食事に行く時間』だそうで、共通点を感じます。

一杯やりながら、ゆっくりしたり、普段はできない話をしたり。

ベテランの余裕、たくさんの後輩が頼っているのでしょうね。

 

【監督編】

☆中日 森繁和監督

mori.jpg

 

今シーズンから監督を務める、森繁和監督。

練習を見つめる表情にはピリッと背筋が伸びるものがありますが、

実際にお話をさせていただくと、気さくで、いたずら心にあふれる方でした。

取材中何度笑わされたか・・・

朝、必ずジョギングをし、その時間でチームや練習、自分のあり方を考えているそうです。

 

そして、日本ハムの栗山英樹監督。

こちらもグラフはないのですが、寝る前に、練習、ローテーション、いろいろなことを考えるそうです。

一人ゆっくり野球に向き合う時間が、「監督」という仕事においてどれだけ大事か、

お二人の共通点から感じました。

 

ちなみに私がキャンプ取材中に大切にしている時間は…寝起きの歯磨き!

選手よりも早起きをする毎日、歯磨きをしながら頭を起こし、

「こんなところに注目してみよう」、「こんな質問の仕方をしてみようかな」、

想像しながらスイッチを入れます。

ほんの数分ですが、けっこう、おすすめですよ。

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:15:16 | 固定リンク


2017年02月15日 (水)

オレの時間 その1   佐々木彩

球春到来!今月1日のキャンプインから、宮崎と沖縄より

キャンプリポートをお届けしました。

 

今回、選手や監督にうかがったのが、『オレの時間』。

一日の時間割を書いてもらい、大切にしている時間を赤で囲んでもらいました。

かなり個性がでています。せっかくなので、こぼれ話とともにご紹介します!

 

【ルーキー編】

☆ソフトバンク 田中正義投手

tanakamasayoshi.JPG

 

じっくりと時間をかけて丁寧に書いてくれました!

取材中、私たちのために出入り口のドアを押さえてくれる場面も…気遣いの人です。

大事な時間は『入浴』。入浴剤と音楽で、ゆっくり過ごすのだそうです。

 

☆ロッテ 佐々木千隼投手

sasaki11.JPG

 

油性ペンの細い方のキャップを外して渡したのですが、

太い方のキャップをポンとあけて、どーんとこの字。

キャンプの練習は、大学と比べて2倍は大変だそうで、

「本当はもっと眠りたい」と、はにかんだ笑顔でした。

 

【WBC日本代表編】

☆DeNA 筒香嘉智選手

tsutsugo.JPG

 

『自分との会話』、あすの練習、体の感覚、将来のこと…じっくり語り合うそうです。

注目は睡眠時間!

グラフだと5時間ですが、もっと少なくても平気なんですって…

あれだけの練習をしながら、鉄人です。

 

☆ヤクルト 山田哲人選手

yamadatetsu.JPG

 

大事な時間は、細いペンで詳しく書き込んでくれました。

映画が好きで、洋画、邦画、アニメ、ジャンルは問わないそうです。

実は、インタビュー中、音声の都合で何度かやり直しをお願いしたのですが、

いやな顔ひとつせずに笑顔で付き合ってくれました。

 

 

まだまだ、その2に続きます!

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:11:56 | 固定リンク


2017年01月30日 (月)

東京2020 バドミントンが熱い! 佐々木彩


そりゃあそうでしょ!と思った方。
今回注目していただきたいのは、「パラバドミントン」。
東京パラリンピックで初めて正式種目として採用されます。
恥ずかしながら、これまで見たことがなく…先日、研究会で体験してきました!

クラスは大きく分けて、「車椅子」と、立って行う「立位」の2つです。
そこからさらに、障害の程度によって細かく分けられます。

bad11.jpg

講師は、世界ランキング10位の長島理選手。(写真左)
「車椅子」では、コートの面積も狭く、基本的に前後の動きを繰り返します。

前後だけだったら、まあ、ラリーくらいはなんとかなるでしょう!

bad22.jpg

写真から分かると思いますが、全然できませんでした(笑)
まっすぐ下がれない、前に出られない。落下点に入れないのです。

ちなみに、ブレーキをかけたいときはハンドリム(車輪についている“握り”)を握って止めるだけ。
私程度が出せるスピードでも、相当握力が必要な上に、摩擦で熱いんです。
長島選手の手のひらには、“ブレーキだこ”がありました。
(きき手にはもちろん“ラケットだこ”!)

最後に、「選手一人ひとりにドラマがあります」と話した長島選手。
自分の障害と徹底的に向き合い、強みを見出し、磨きぬく。
競技の見方、おもしろさもあわせて、お伝えしていきたいです!

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:18:20 | 固定リンク


2017年01月16日 (月)

サンキュー大作戦  佐々木彩

この作戦名、ピンとくる方も多いはず。

 

ことしの箱根駅伝で三連覇を達成した、青山学院大学。

原晋監督のもと、クスリと笑ってしまうようなキャッチフレーズで練習に臨んでいます。

箱根からわずか10日、今度は「サンキュー大作戦 パート2」と名付け、マラソンに向け動き始めたチームを取材してきました。

 

マラソンは、体力、走力ともに高いレベルが必要な、過酷な種目。

学生で挑戦する選手は、多くありません。

原監督は、選手自身の意志を一番に、手をあげた学生のみで練習を行っていました。

 

そのうちの一人、3年生の下田裕太選手。

箱根駅伝では2年連続の区間賞、

去年の東京マラソンで日本人2位となり、ことしも同じ舞台に挑戦します。

 

マラソンへのモチベーションを聞いてみると…

「青学に入った以上、駅伝が一番で、マラソンはプラスアルファ」、その上で、

「陸上界にインパクトを残すにはどうしたらいいか考えた時、マラソンを若い時からやっていくことかなと考えた」。

陸上界に、インパクト。

それだけの言葉を、まっすぐ、さらりと、声にするのです。

 

一方で、自分の力を冷静に分析し、課題を見つけている。

やりたいことや目指すものを、口に出して責任を持つ。

「有言実行」の文化が、選手たちの胸にあるのだと感じました。

 

ちなみに、下田選手と私は同じ中学校出身。

校歌を歌うと、みるみる少年の顔になって、「まじっすか!」と驚いてくれました。

 

東京マラソンは2月26日、楽しみです!!

 

shimoda2.jpg

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:18:14 | 固定リンク


2016年11月16日 (水)

戻りました   佐々木彩

遅めの夏休み(秋休み?)をいただきました。

その間に立ち会えたのは、歴史的な瞬間!

mlb.jpg

 

大リーグ・ワールドシリーズで、カブスが108年ぶりとなる優勝を果たし、

翌朝は、各紙が大きく伝えていました。

休暇を利用して現地にいた私。

スタジアムで観戦したのかって??

それはもちろん、、、違います!(それで新聞の写真です…)

 

試合の夜、飲食店ではどこもテレビ中継をつけており、地元の人たちはかぶりつき。

そこに交じって、一緒にテレビ観戦をしました。

 

延長10回、長く、長く待ち焦がれてきた瞬間に、

ガッツポーズするおばあちゃん。顔を真っ赤にして涙をおさえるおじさん。

歓喜、興奮、ほっとした気持ち、様々な思いが入り混じって

店内には独特の熱気が充満していました。

 

この空気がアメリカ中で生まれているんだなあ…

やっぱり、スポーツって、いいですね…

 

エネルギーを分けてもらって、今週から復帰です。

また元気いっぱい、お伝えします!

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:10:33 | 固定リンク


2016年10月28日 (金)

☆☆からの、☆☆☆  佐々木彩

この星の数。

 

そうです。

広島の2連勝から、日本ハムが3連勝した、日本シリーズです!!

 

今週の札幌での3連戦、現場で取材してきました。

pass2.jpg 

両チームに共通しているのが、雰囲気が「いつも通り」なこと。

 

穏やかでのびのびしている日本ハムに、つつき合って笑顔が絶えない広島。

ただ、選手たちの「普段通り臨めています」と話す表情には

自信や、気持ちの充実が感じられる。

日本一を争うって、こういうことなんですね…

 

試合は接戦に次ぐ接戦。

手に汗握りながらご覧になった方も多いと思いますが、

番組内で結果をお伝えできるのかできないのか、私も冷や汗びっしょりでした。

 

放送後、ほっとした所で、札幌局の佐藤龍文アナウンサーと。

sato2.jpg

 

3連勝を受け、札幌の街で聞こえてきた

「びっくりしたよね」「このままいけちゃうんじゃない?」という声。

 

「そうはさせない!」と闘志を燃やしている方も多いでしょう!

 

さあ第6戦、舞台は再びマツダスタジアム。

本拠地に戻って、広島の反撃が始まるか!?

はたまた、日本ハムが決めるのか!?

 

ワクワクの週末です。

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:17:09 | 固定リンク


2016年10月13日 (木)

実りの秋  佐々木彩

みなさん、お相撲さんが、本場所と本場所の間に何をしているか、ご存知ですか?

その一つが、「巡業」。

全国各地を回り、取組や稽古の様子を公開するものです。

今は秋巡業の真っ最中ということで、先日、「さいたま場所」に行ってきました。

  aki2.jpg

相撲通の方は、後ろ姿で誰が誰か分かるはず!?

関取衆の申し合い稽古の様子です。(勝ち残った力士が次の相手を指名します)

 

体育館に土俵を作るため、お客さんとの距離が近い!

体がたたきつけられる音や、歯をくいしばる力士のうめき声が響いて、

大人も子どもも興奮した様子で見入っていました。

 

地元のちびっこ力士が関取に挑戦したり、

相撲のルール違反をコミカルに実演で紹介する初切(しょっきり)があったりと、

思わず吹き出してしまうシーンも!

夢中で見ていしまい、写真がありません…すみません。

 

和やかな雰囲気の中でも「がんばってよー!」の声を集めていたのは、

やはり大関豪栄道。

来場所は綱取りに挑みます。

 

この「秋」を実り多いものにできるか、踏ん張りどころです。

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:14:00 | 固定リンク


2016年08月22日 (月)

おめでとう、ブラジル!! 佐々木彩

サッカー男子決勝、ブラジル対ドイツ!!

 

開催国、そしてサッカーの国として絶対に金メダルを取りたいブラジル。

ドイツにはワールドカップで敗れた雪辱もあります。

絶対に地元のファンと観戦したい一戦!

オリンピックパーク内のパブリックビューイングに参加してきました。

 

試合は延長、そしてPKへ…

ドイツの5人目が外し、ブラジル最後のキッカーは、ネイマール選手。

会場は静まり返ります。

inori.jpg

 

そして、歓喜の瞬間!!

 

kanki.jpg

 

写真がぶれていますが、大興奮の渦の中ではこれが限界でした。

 

最高の結末に酔いしれる、こんな人たちも。

 

beerbeer.JPG

 

写っているのはビールのオリンピック記念カップ、

一杯およそ500ml…どれだけ飲んだんでしょう…

 

リオの夜は、お祭り騒ぎが続きました。

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:09:28 | 固定リンク


2016年08月21日 (日)

キング・オブ・スポーツ

オリンピック最終盤、待っていました!!

今回、最も楽しみにしていた選手の一人が、登場したんです。

 

近代五種の、朝長なつ美選手、24歳。

機動隊に所属する警察官で、競技歴はわずか3年ほど。

抜群の身体能力と、男子並みの練習量でキャリアをカバー、ここまできました。

 

水泳・フェンシング・馬術・コンバインド(射撃+ランニング)の5種目を

たった1日で行う、過酷な競技。

「痩せちゃうんで」と、どんぶり飯を食べていた姿がとても印象的で、

リオでは思いっきり応援しようと決めていました。

 

フェンシングでは順位を落としたものの、苦手だった乗馬で巻き返し、

最後のコンバインドでは、ロンドン大会の金メダリストについていく猛スパート!

 

結果は13位と入賞はなりませんでしたが、

世界のファンを前に、堂々たる戦いぶりでした。

 

試合後の朝長選手。

最後は本当に苦しかったけど、攻める気持ちで行ったら力が湧いてきたこと。

初めてのオリンピックは最高の舞台だったと、目元をぬぐいながら話してくれました。

IMG_0482.JPG

 

朝長選手を包む充実した空気を感じながら、

あれだけの練習の成果を、大舞台で見られたことに、とても幸せを感じました。

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:03:26 | 固定リンク


2016年08月19日 (金)

熱戦   佐々木彩

ああっと!鉄棒!ここで落下―!!

rakka.jpg 

…と、思わず実況したくなるような、コレ。

 

オリンピックパーク内にある、記念撮影ボードです。

皆さん、行列を作って写真を撮っていきます。 

oneesam.jpg 

中でも際立っていたのが、冒頭の男性。

棒高跳びでは、今まさに、飛び上がる…!!

 

netsuen.jpg

 筋肉の浮き上がり方に、本気を感じます…!!

メダル級の名演技でした。

 

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:06:51 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

バックナンバー


RSS

page top