斉田季実治

2017年05月19日 (金)

気象キャスター 斉田季実治の天気豆知識

【熱中症と光化学スモッグに注意】

 きょう19日(金)は最高気温が25度以上の夏日の所が多く、北海道や九州などで30度以上の真夏日になった所もありました。
20日(土)と21日(日)はさらに気温が上がって、真夏日になる所が多くなりそうです。
 
 日ざしが強くて、気温が高いため、熱中症の危険性が高くなります。
水分はのどが渇いたと感じる前にこまめに補給し、日陰などを利用して暑さをしのいで下さい。
 
 また、関東から中国、四国地方は風も弱いため、光化学スモッグが発生しやすい気象状態となります。
光化学スモッグというのは、工場や自動車からでる煙の中にある物質が太陽からの紫外線によって化学反応し、
空が白く「もや」がかかったような状態になることです。

20170519_blog_saita.png
 
 目がチカチカしたり、のどが痛いなどの症状がでたときは水で洗い流し、屋内で安静にするようにして下さい。

20170519_blog_saita2.png

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:21:51 | 固定リンク


2017年05月12日 (金)

気象キャスター 斉田季実治の天気豆知識

【雨の季節へ】

 きょう12日(金)は前線の影響で、西から雨が降り出しています。13日(土)にかけて広く雨が降り、非常に激しい雨が降るおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒して下さい。

 その後、前線は南下して、沖縄や奄美付近に停滞しやすくなります。沖縄と奄美は梅雨入りが平年より遅れていますが、もう間もなくです。

 梅雨入りは、天気の予想に基づいて発表されます。

 平年に近いころに、曇りや雨が一週間ほど続く予想になったときに発表されることが多いです。週間予報に注目するだけで、梅雨入りの発表を事前に気づくことができる場合がありますので、試してみてください。 

 各地の梅雨入り平年は、沖縄5月9日ごろ、奄美5月11日ごろ、九州南部5月31日ごろ、九州北部・四国6月5日ごろ、中国・近畿6月7日ごろ、東海・関東甲信6月8日ごろ、北陸・東北南部6月12日ごろ、東北北部6月14日ごろです。

20170512_blog_saita.png

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:21:59 | 固定リンク


2017年05月05日 (金)

気象キャスター 斉田季実治の天気豆知識

【雨のあとは○○が降る】

 大型連休の後半は晴れた所が多く、暑さが続きました。4日(木)には北海道のオホーツク海側で30度を超えて、全国で気温の高いほうから5位までを独占しました。

 ただ、あす(土)は全国的に雨の降る所が多く、傘の出番となりそうです。寒冷前線が通過する北日本を中心に風も強まり、荒れた天気となる所があるでしょう。この風が大陸から黄砂を運んできそうです。

 7日(日)は天気が回復してきますが、広い範囲に黄砂が飛んでくる可能性があります。黄砂が飛んでくると、空は黄色くかすみ、車に砂が積もったり、洗濯物が汚れてしまうことがあります。近年は、黄砂の飛来とともに大気汚染物質のPM2.5の濃度が上がることが指摘されていますので、気になる方はマスクをご用意ください。

20170505_blog_saita.png 

20170505_blog_saita2.png

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:22:00 | 固定リンク


2017年04月28日 (金)

気象キャスター 斉田季実治の天気豆知識

【連休前半の天気】

 大型連休を前に、いつもより天気予報を気にしている方が多いのではないでしょうか?ことしの大型連休は晴れる日が多い予想ですが、前半は天気の急な変化に注意が必要です。

 連休初日の29日(土)と5月1日(月)は上空に強い寒気が流れ込むため、大気の状態が不安定となります。晴れていても急に雨が降ったり、落雷や突風のおそれがあります。黒っぽい雲が近づいたり、雷の音が聞こえたり、冷たい風が吹いたときは天気が急変する兆しです。空の変化をチェックして、早めに頑丈な建物に入ってください。

 また、日曜日から気温が上がります。最高気温は関東から西で25度前後の所が多くなりますので、服装にも気を付けて連休を楽しんでください。

 ちなみに、ニュースウオッチ9は月曜日から金曜日に、いつもと変わらず放送いたします。

20170428_blog_saita.png

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:19:38 | 固定リンク


2017年04月21日 (金)

気象キャスター 斉田季実治の天気豆知識

【そろそろ紫外線にご用心】

 今週は発達した低気圧の影響で、関東で最高気温が30度以上の『真夏日』を記録したり、北海道の平地でも雪が積もったりするなど、全国各地でさまざまな天候となりました。東京都心は4日連続で25度以上の『夏日』となり、4月の最も長い記録に並びました。

 暑さはいったん収まりましたが、この時期は夏に向かって急激に増加するものがあります。それは『紫外線量』です。紫外線の強さは、暑さと直接の関係はなく、太陽の高さによって変わります。10時から14時に、一日の60パーセント近くの量が降り注ぐため、この時間帯は要注意です。

20170421_blog_saita.png

 また、上空から地上に向かう紫外線だけでなく、アスファルトや水面などで反射された紫外線も浴びています。空からの紫外線に対しては帽子や日傘の利用は有効ですが、地表面から反射してくる紫外線も忘れずに、総合的な対策を心がけてください。

20170421_blog_saita2.png

 

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:22:00 | 固定リンク


2017年04月17日 (月)

きょうの放送で解説します。   斉田季実治

 

台風並みに発達する低気圧の影響で明日にかけて全国的に春の嵐となりそうです。

いつもより早い時間から解説します。

20170417_blog_saita.JPG

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:20:20 | 固定リンク


2017年04月14日 (金)

気象キャスター 斉田季実治の天気豆知識

【土日は初夏の陽気】

 きょう14日(金)は全国的に暖かくなりましたが、土日はさらに気温が上がって初夏の陽気の所が多くなりそうです。南高北低の気圧配置で、暖かい南風が吹くためです。

 13日(木)に東北で最も早く桜が満開となった仙台は20度前後まで上がり、暖かな陽気の中でお花見が楽しめそうです。関東から西は日に日に気温が上がり、16日(日)は25度以上の夏日になる所が多いでしょう。ことし初めて夏日になる所も多いので、気温の変化で体調を崩さないように気をつけてください。

 また、高気圧の中心が徐々に東へ移動するため、湿った空気が流れ込んできます。全国的に大気の状態が不安定となり、にわか雨や雷雨の所がありそうです。土日のお出かけは、折り畳みの傘をお持ちください。

 

20170414_blog_saita.jpg

 

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:21:39 | 固定リンク


2017年04月07日 (金)

気象キャスター 斉田季実治の天気豆知識

【雪解け進む】

 今週は全国的に気温が上がり、6日(木)は北海道でも20度を超えた所が多くなりました。帯広市の最高気温は22度6分まで上がって、7月中旬並みの「暑さ」になったほか、各地で雪解けが進み、札幌の積雪も6日(木)の夜に0センチとなりました。

 雪がとけることによって、浸水や土砂災害などの災害が発生するおそれがあるときには「融雪注意報(ゆうせつちゅういほう)」が発表されます。春になって気温が上昇し、大雨が降ったときには、雪解けによる水と大雨の水が合わさって川が氾濫することもあります。

 なだれや落雪の被害は積雪が多い地域で起こりますが、とけた雪は川を下ります。融雪による川の増水や氾濫は積雪が少ない地域にも影響を及ぼすことがあるのです。

 ようやく訪れた暖かな春を嬉しく感じている方がほとんどだと思いますが、雪がとけることによる影響も頭の片隅に入れておいて、注意報などの情報を確認するようにしてください。

 

 20170407_blog_saita.png

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:19:38 | 固定リンク


2017年02月15日 (水)

春ちゃんの教えて斉田さん! ~雪下ろし作業をするときの注意点~

 20170214_1.jpg

春ちゃん (以下/春)
放送で、雪下ろし作業をするときの注意点をお伝えしました。
復習!ということで、斉田さん、雪下ろし作業をするときの注意点を教えてください。

斉田季実治(以下/斉)
はい。晴れの日ほど屋根の雪が緩むため、雪下ろしの作業は注意が必要です。
必ず2人以上で、命綱やヘルメットはつけてください。
また、携帯電話は身動きが取れなくなったときに助けを呼ぶのに役立ちます。
取り出しやすい場所にもっておきましょう。

春ちゃん (以下/春)
それでは!斉田さんも、一緒に雪下ろしをしてください!

斉)
え!?あ、そうですね!では!

20170214_2.jpg
春)
おっ!やる気満々な斉田さん!


20170214_3.jpg
春)
あっ!でました!学生の時にやっていたラグビーポーズ!

斉)
いえ、違います。このポーズはアメフトです。

春)
失礼しました…

斉)
あの冬ちゃんは一緒に雪下ろしをしてくれないのでしょうか?
20170214_4.jpg
春)
確かに…冬ちゃんくつろいでいますね~

 

春)
ああああ!!!斉田さん!?
20170214_5.jpg
斉)
僕もひと休みっと。

春)
……
以上、雪下ろし作業をするときの注意点をお伝えしました。

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:22:04 | 固定リンク


2016年10月18日 (火)

気温と服装の目安 春ちゃんインタビュー 斉田さん

春ちゃん)
気温の変化で悩むのが服装。きょうは何着ていこう???って思うと
朝、お洋服を並べて悩んじゃうんですよね。


そんな時は!斉田さん!
ということで、放送終了後待ち伏せして、お話を聞きました。

nw920161019_1.jpg

インタビュアー春ちゃん (以下/春)
斉田さん、お疲れさまです!

斉田季実治(以下/治)
あっ、お疲れさまです。

春)
帰られる前に、服装について教えてもらいたいのですが…

治)
服装?

春)
気温と服装のおおよその目安を知りたいなぁと思いまして…

治)
あっそういうことですね。

春)
教えて!斉田さん!

治)
はい。
暑さや寒さの感じ方には個人差がありますが、
気温と服装のおおよその目安を知っていると役に立つことがありますね。

春)
ですよね。

治)
最高気温が25度を超えるときは
半袖が過ごしやすいですね。

春)
あっこんな感じかしら。

nw920161019_2.jpg

治)
ですね。
最高気温が20度から25度くらいは半袖と長袖の分かれ目になります。

春)
そうそう、悩んじゃうんですよね。

治)
曇りや雨で日ざしが少ないときは、
シャツやブラウスなど薄手の長袖があると安心です。

春)
こんな感じ?

nw920161019_3.jpg

治)
ですね。
20度に届かないときは、
カーディガンやジャケットなど羽織るものが欲しくなります。

春)
これで、どうかしら?
何だか私のファッションショーみたいですね(笑)

nw920161019_4.jpg

治)
(笑)ですね。
個人差もありますし、日中と朝晩の気温も変わってきますので
羽織るもので調節するなど、工夫してみるといいと思いますよ。

春)
ありがとうございました!

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:22:07 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS

page top