1
鈴木 「『I AM KENJI』。 こちらの映像に見覚えのある方も多いのではないでしょうか。 フリージャーナリスト、後藤健二さんが『IS=イスラミックステート』に殺害されてから2年になります。」 河野 「後藤さんは、紛争地で弱い立場の人たち …続きを見る
2
鈴木 「“子どもの安全、わしらが守る”。 仲間とともにこの看板を立てたのが、こちらの男性です。 今週、活動中に軽トラックにはねられ亡くなりました。」  河野 「男性は以前、娘を交通事故で亡くし、その悲劇を繰り返したくないと、登校する児童に付 …続きを見る
3
河野 「アメリカでは、トランプ政権と主要メディアの対立がさらに深まっています。」鈴木 「メディアとの対応を担うのが、ホワイトハウスの報道官です。 自分たちに都合のいいように会見を進めようとする姿勢に、懸念の声が上がっています。」 …続きを見る
6
鈴木 「こちら、走っているのは路面電車です。」河野 「懐かしいですね。 昔に比べて、だいぶ減りましたよね。」鈴木「今、この路面電車を東京都内に新たに走らせようという動きが出ているんです。 なぜ今、路面電車なのでしょうか。」 …続きを見る
7
鈴木 「ホテルや国際会議場、そしてこれまで禁止されてきたカジノ。 これらが一体化した施設が、IR・統合型リゾート施設です。 去年(2016年)12月にこのIRの整備を推進する法律が成立し、1年以内をメドに、政府はギャンブル依存症対策などの措 …続きを見る
8
河野 「トランプ大統領と安倍総理大臣が親睦を深める場所は、別荘になりそうです。」鈴木 「今週10日に行われる日米首脳会談の後、トランプ大統領は安倍総理大臣をフロリダにある自分の別荘に招待するということです。」 河野 「この別荘、ただ豪華なだ …続きを見る
9
河野 「開幕まで、あと1年です。」鈴木 「来年(2018年)2月に韓国で開かれる、ピョンチャン(平昌)オリンピック。 先ほど、現地でカウントダウンのセレモニーが開かれました。 去年(2016年)のリオデジャネイロオリンピックでは日本勢のメダ …続きを見る
10
鈴木 「来週に迫った、バレンタインデーの話題です。」田中リポーター 「河野さん、こちらちょっと早いですけど、どうぞ!」 河野 「ありがとうございます。 本命か義理かは、あえて聞きませんが…。」田中リポーター 「日頃の感謝の気持ちを込めた、義 …続きを見る
13
「トランプ大統領と、安倍首相です!」日米の親密さをアピールしました。 ハグに…。握手は19秒。ゴルフ場では、このハイタッチ。  アメリカ トランプ大統領 「2人は良好な絆で結ばれ、相性がいい。 その関係が変わることはないだろう。」 両首脳 …続きを見る
14
河野 「日本を代表する大手電機メーカー・東芝は、いったいどうなるのでしょうか。」鈴木 「アメリカの原子力事業での巨額損失の責任をとって、志賀重範(しが・しげのり)会長が明日(15日)付けで辞任すると発表しました。」 …続きを見る
15
河野 「トランプ大統領が、まもなくイスラエルのネタニヤフ首相と初めての首脳会談を行います。」鈴木 「中東の新たな火種となるのでしょうか。 会談の行方に世界の注目が集まっています。」 …続きを見る
16
鈴木 「世界各地で凶悪なテロ事件が相次ぐ中、アメリカのトランプ大統領が中東などからの入国を制限する大統領令を出し、大きな議論となりましたが、フランスでも移民への厳しい対応を求める声が高まっています。」 河野 「移民や難民とどう向き合えばいい …続きを見る
17
鈴木 「深海への挑戦です。 世界初となる深海探査の国際レースに、日本のチームが参加することになりました。」 河野 「レースの狙いは、深さ数千メートルの深海に眠る海底資源の開発です。」 …続きを見る
20
河野 「キム・ジョンナム氏が殺害された事件。 現場をとらえた映像から、犯行の詳しい状況が明らかになってきました。」鈴木 「さらに、マレーシアの外務省は、北朝鮮に駐在する大使を帰国させ、一方の北朝鮮もこうした対応に反発するなど、両国の外交関係 …続きを見る
21
河野 「今月(2月)、首脳会談で固い握手を交わした安倍総理大臣とトランプ大統領。 一緒にゴルフをして、蜜月ぶりを世界にアピールしました。」鈴木「しかし、その関係に安心は禁物と、警鐘を鳴らす専門家がいます。 そのわけとは?」 …続きを見る
22
河野 「2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで、あと3年です。 どんなオリンピックを目指すべきか。 それを考えるうえで貴重な資料が見つかりました。」 鈴木 「強化責任者として、前回の東京オリンピックで日本を大躍進に導き、“東京オリ …続きを見る
23
鈴木 「明後日(25日)サッカーJリーグが開幕しますが、実はその中継が今シーズンから大きく変わります。 その理由は、イギリスの動画配信会社がJリーグと総額2,100億円もの契約を結んだためです。」河野 「年換算でこれまでのおよそ7倍という破 …続きを見る
Page Top