2016年10月25日(火)

噴火後初上陸 あの西之島に何が?

河野
「3年前に噴火した、小笠原諸島の西之島。
流れ出した溶岩で、島の面積は10倍以上広がりました。」

鈴木
「火山活動が低下したことから、噴火後初めて、島に上陸しての調査が行われました。
どのような光景が広がっていたのでしょうか。」

溶岩の大地で 研究者が見たものは

島から30メートル。

研究者が海に飛び込みました。
島に昆虫や植物などを外から持ち込まないために行う、「ウェットランディング」です。
噴火後初めて、人が足を踏み入れました。


 

上陸調査に参加 東京大学 地震研究所 前野深 助教
「無事に上陸し、これから調査を開始します。」

上陸したのは、西之島の西側。
映像は、研究者が撮影したものです。
この場所は、波で砕かれたと見られる溶岩のかけらなどで、新たにできた海岸です。

画面の奥、高台になっているような場所が、元の島の陸地です。

上陸調査に参加 東京大学 地震研究所 前野深 助教
「(元の)島の上まで上がってきた。」



 

流れ出した溶岩の先端部分が見えていました。
厚みは、場所によっては10メートル以上に達しているということです。
調査は、今月(10月)20日と21日の2日間行われました。

元の島の陸地では、噴火によって多くが枯れたと考えられていたイネ科の植物などが、再び生えているのが確認されました。
調査に参加した、東京大学地震研究所の前野深(まえの・ふかし)助教は…。

上陸調査に参加 東京大学 地震研究所 前野深 助教
「すでに動物・植物がいる状況があり、溶岩流がその背後に来ている。
新しい島の生い立ちが始まっているなと実感した。」

面積12倍! “大地創成”

西之島が噴火したのは、3年前の11月。
元の島の南東、およそ40年ぶりの噴火でした。
その後、およそ2年間にわたり活発な火山活動が続くことになります。

夜、暗闇に浮かび上がる大量の溶岩の流れ。
溶岩が海水で冷やされて固まり、新たな陸地が誕生していきました。

去年(2015年)7月までに流出した溶岩などの量は、およそ4億トン。
島は元の12倍まで大きくなりました。

現在の面積は、およそ2.7平方キロメートル、東京ドーム57個分です。

貴重な海鳥は 研究者の思い

今回の調査で専門家が注目するのは、島の新たな生態系です。

こちらは、噴火前の元の西之島。
緑に覆われ、2,000羽以上の海鳥が集まる「鳥の楽園」でした。
中でも「アオツラカツオドリ」は、この10年、元の西之島でしか子育てが確認されていない貴重な鳥。
島は、鳥たちにとって大切な繁殖地だったのです。

しかし、元の西之島は吹き出した溶岩によってほとんどがのみこまれ、海鳥がどうなったのか心配されていました。

これは去年、無人のカメラを利用した調査。

小笠原諸島の鳥を研究する川上和人(かわかみ・かずと)さんです。




 

小笠原諸島の鳥を研究 森林総合研究所 主任研究員 川上和人さん
「これ『アオツラカツオドリ』の大人ですね。
すばらしい、きちんと残ってますね。」

わずかに残った元の西之島に、アオツラカツオドリが確認できました。
その後、鳥は元気に暮らしているのか。



 

今回行われた調査では、アオツラカツオドリが卵を温めている様子が。

このほかに、今年(2016年)誕生したとみられる「カツオドリ」の若い鳥も見つかるなど、噴火のあとも、繁殖活動が続いていたとみられています。





調査を行った川上さんは…。

小笠原諸島の鳥を研究 森林総合研究所 主任研究員 川上和人さん
「今も生殖して繁殖していることが分かった。
今後どうやって広がっていくかを予測するための、スタート時点のデータを得ることができたのは大きな点。
そういうことをきちんと分析していきたい。」

噴火後 初上陸 西之島に世界も注目

鈴木
「厳しい環境の中でも海鳥が繁殖していましたね。」

河野
「たくましいですよね。
ところで、東太平洋にあるガラパゴス諸島は、独自の進化をした生き物が多くいることで知られているんですが、ここも元は溶岩の島だったんです。
西之島が今後どう変化し、どんな生態系ができていくのか、世界の研究者が注目しているということなんです。」

鈴木
「これから本当に長い長い時間をかけて変化していくわけですが、いつか生物の楽園になるかもしれないと思うと、ちょっと楽しみですね。」

Page Top