1
田中 「昨日(7月31日)、すい臓がんのため亡くなった昭和の大横綱、元千代の富士の九重親方。」河野 「記憶に残る名勝負の1つが、貴花田、のちの横綱・貴乃花との一番でした。」 …続きを見る
2
田中 「相模原市の知的障害者施設で19人の入所者が亡くなった事件から、今日(2日)で1週間です。」河野 「この事件に強い危機感を抱いた人たちが今、障害者の存在を見つめ直してほしいと行動を起こしています。 …続きを見る
4
田中 「明後日(6日)は広島原爆の日です。 今年(2016年)の原爆の日を語る上で欠かせないのが、5月に実現したアメリカのオバマ大統領の広島訪問です。」河野 「その実現に重要な役割を果たしたのがケネディ駐日大使でした。 舞台裏を、ケネディ大 …続きを見る
8
鈴木 「天皇陛下は今日(8日)、ビデオメッセージで国民にお気持ちを表されました。」 …続きを見る
9
鈴木 「長崎にある、国の追悼平和祈念館には、犠牲になった被爆者の死没者名簿や被爆の体験記などが保管されていますが、先月(7月)、ある資料が新たに保管されることになりました。 太平洋戦争のはじまりから敗戦をまたいだ10年にわたって発行された、 …続きを見る
10
鈴木 「戦後、原爆がもたらす悲惨な実態を世界に伝えた、1冊の本があります。 ドイツ出身のジャーナリストが書いた、『灰墟(はいきょ)の光』。 1959年に出版され、世界的なベストセラーとなりました。 この本は、のちに広島市の原爆資料館の館長を …続きを見る
11
鈴木 「520人が犠牲となった日航ジャンボ機の墜落事故から、明日(12日)で31年です。 群馬県上野村では、今夜、亡くなった人を悼む灯籠流しが行われました。 事故で亡くなった同級生と、この夏、31年ぶりに向き合おうとする男性を取材しました。 …続きを見る
12
鈴木 「戦争の記憶を引き継いできた営みが、また1つ姿を消します。 終戦直後、日本兵の捕虜収容所で壁新聞として始まり、現在まで発行されてきた新聞が、この夏、歴史に幕を下ろすことになりました。」 …続きを見る
15
河野 「終戦から71年を迎えた今日(15日)、戦没者を追悼し、平和について考える集会などが各地で開かれました。」鈴木 「政府主催の全国戦没者追悼式では、天皇陛下がお言葉を述べられました。 天皇陛下が戦争とどう向き合われてきたのか。 昭和史研 …続きを見る
16
鈴木 「こちらは、先の大戦で戦地から送られてきた、膨大な量の手紙です。 日本軍の憲兵が当時、家族にあてて書いたものです。」河野 「軍の検閲をくぐって届いたとみられる手紙には、戦場の知られざる実態が記されていました。」 …続きを見る
17
佐々木 「猫ひろしさんは、カンボジア代表として男子マラソンに出場します。 国籍を変更してのぞむ初のオリンピック。 どんな思いで準備を重ねてきたのでしょうか。」 …続きを見る
18
鈴木 「日本でオリンピックを見るとなると日本人選手にやはり注目しますけれども、実はあまり知られていないけれど、素晴らしい活躍、個性的な活躍をしている外国人選手が数多くいるんです。」 河野 「そうした選手たちの活躍に注目しました。」 …続きを見る
23
鈴木 「昨日(22日)関東や東北などを直撃した台風9号。 今朝、再び上陸した北海道では川の氾濫などによる被害が相次ぎました。」 河野 「そして、次の台風にも注意が必要です。 西日本の南の海上にある台風10号は、今後さらに発達する見込みです。 …続きを見る
24
鈴木 「今日(24日)は、この方々をお迎えしました。 リオデジャネイロオリンピック、陸上男子400mリレーの4人の選手の皆さんです。 皆さん、改めまして銀メダル獲得おめでとうございます。」 河野 「帰国したばかりでお疲れかと思うんですけれど …続きを見る
25
河野 「台風10号が発達する理由の1つに海水温の高さがありますが、海水温の上昇による異変が、海の中でも起きています。」鈴木 「それが、サンゴです。 沖縄県周辺の広い範囲で死にかけているのです。 こうしたサンゴの異変は、気候変動のサインとも指 …続きを見る
26
鈴木 「相模原市の障害者施設で、19人の入所者が殺害された事件から、今日(26日)で1か月です。 現地の献花台には、全国各地から大勢の人が訪れています。」河野 「逮捕された施設の元職員・植松聖(うえまつ・さとし)容疑者は、『障害者は周りの人 …続きを見る
29
河野 「燃費のよさをうたった車の人気が高まっていますが、今後、さらに燃費のいい『夢のエンジン』が登場するかもしれません。」鈴木 「大学の研究グループが新しいエンジンの試作機を開発し、燃焼実験に成功しました。 実用化できれば、燃費を倍近くに伸 …続きを見る
31
河野 「大学入試センター試験が、大きく変わります。」鈴木 「4年後の実施を目指して準備が進められている新たなテスト。 どんな内容になるのでしょうか。 文部科学省が今日(8月31日)、これまでの検討状況を明らかにしました。」 …続きを見る
Page Top