1
河野 「身近なところで、ある感染症が急速に増えているというニュースです。 せきが続いているという方、特に注意して下さい。」鈴木 「それがこちら。 『マイコプラズマ肺炎』という、細菌が原因の感染症です。 統計を取り始めて以来、患者の数が最も多 …続きを見る
2
鈴木 「『公害の原点』ともいわれる水俣病。 今年(2016年)で公式確認から60年がたち、先週、慰霊式が行われました。 この水俣病は、有機水銀に汚染された、水俣湾などの魚を食べたことが原因でかかる病です。 国の基準をもとに認定された人は、熊 …続きを見る
3
河野 「憲法が公布されて、今日(3日)で70年です。 安倍総理大臣は憲法改正の発議に向けて、政局に左右されずに議論が進むことに期待を示していますが、およそ60年前にも、憲法を巡って議論が高まったことがあります。」 鈴木 「その時に、民間の立 …続きを見る
4
河野 「地球温暖化対策の新たな枠組み、『パリ協定』が今日(4日)発効しました。」鈴木 「先進国だけでなく、発展途上国を含むすべての国が参加し、温室効果ガスの排出量を今世紀後半に実質的にゼロになることを目指します。」 …続きを見る
7
鈴木 「最大手として広告業界を引っ張ってきた電通に、厚生労働省の捜索が入りました。 新入社員だった女性が過労自殺したことを受け、これまで任意での調査が行われてきましたが、複数の社員に対して違法な長時間労働をさせていた疑いが強まり、強制捜査と …続きを見る
8
鈴木 「こちらは、東京大学の合格を目指して、4年にわたってセンター試験の模試を受けてきた人工知能『東ロボくん』です。 有名私立大学に合格するほどの成績を収めてきましたが、このほど東大の合格は諦めることになりました。 その理由とは?」 …続きを見る
9
「USA!USA!」世界中が注目したアメリカ大統領選挙。 勝利したのは…。  「ドナルド・トランプ!」共和党のドナルド・トランプ候補。 共和党 トランプ氏 「すべてのアメリカ人のための大統領になると約束する。」そのころホワイトハウス前には …続きを見る
10
河野 「今回のアメリカの選択は、世界に何をもたらすのか。 国際政治学者のイアン・ブレマー氏に話を聞きました。」 …続きを見る
11
河野 「今、ある漫画に若い人たちの共感が集まっています。」 鈴木 「漫画は、電通の元社員・髙橋まつりさんが過労のため自殺したことをきっかけに描かれました。 描かれているのは、長時間の労働でまともな判断ができなくなる過程です。」 …続きを見る
14
鈴木 「今日(14日)発表された、GDP=国内総生産。 前の3か月と比べた伸び率はプラス0.5%と、3期連続でプラスとなりました。 しかし、肝心の『個人消費』は0.1%のプラスにとどまりました。」 河野 「伸び悩む個人消費をどう活性化してい …続きを見る
15
鈴木 「今日(15日)午前5時、博多駅前の大規模陥没が起きた道路が通行再開となりました。 1週間前のこの時間には、都会の真ん中にこんなに大きな穴が空いていたというのが信じられないくらいですね。」 河野 「地元の人も驚いてらっしゃいましたが、 …続きを見る
16
鈴木 「こちら、体長40センチほどの『フジクジラ』という小さなサメです。 このサメの特徴は『深海で光ること』なのですが、その様子が撮影されたことはこれまでありませんでした。」 河野 「今回、調査チームにNHKの取材班が同行して、初めての撮影 …続きを見る
18
鈴木 「ままごとで使う木のいちご、人形用の小さなおしゃぶり、そしてスーパーボール。 子どもが誤って飲み込み、気道につまらせる『誤えん』の原因となったおもちゃです。 」 河野 「これまでも、食べ物をつまらせるケースはありましたが、こどもがおも …続きを見る
21
河野 「ビールなど、酒をめぐる税の見直しが、焦点の1つになっています。」 鈴木 「私たちの暮らしに大きく関わる税。 そこに大きな影響力を持つ自民党の税制調査会で、来年度の税制改正に向けて、本格的な議論が始まりました。」 …続きを見る
22
河野 「今日は11月22日。 語呂合わせで、『いい夫婦の日』です。 この日に結婚する人も多いらしいですね。」 鈴木 「そのようですね。 そんな『いい夫婦』の本音を、今夜はのぞいてみましょう。」 …続きを見る
23
鈴木 「雲を突き抜けて打ち上がったロケット。 社員14人のベンチャー企業が、衛星を宇宙に送ろうと開発した、ロケットの実験映像です。 こうした宇宙ビジネスの分野で民間企業を後押しする『宇宙活動法』が、今月(11月)成立しました。」河野 「『官 …続きを見る
24
鈴木 「こちらの雑誌、『そよ風のように街に出よう』。 障害者への偏見や差別をなくそうと37年にわたって訴えてきた雑誌ですが、部数の減少などから、来年(2017年)発行を終えることになりました。」 河野 「そうした中で起きたのが、相模原市の障 …続きを見る
25
鈴木 「宇宙での大仕事を終えた、この方に単独インタビューできました。」河野 「宇宙飛行士の大西卓哉(おおにし・たくや)さんです。 およそ4か月間の国際宇宙ステーションでの滞在を終えて、先月(10月)無事に地球に帰還しました。」鈴木 「実は現 …続きを見る
28
鈴木 「こちらは熊本地震で大きな被害を受けた熊本県南阿蘇村です。 大学のキャンパスがあるこの地区は、800人余りの学生と地元の人たちが一緒に暮らす“学生村”と呼ばれていました。」 河野 「しかし、地震でその姿は失われ、キャンパスの再開の見通 …続きを見る
29
河野 「今、インフルエンザの患者が急増していますが、もう1つ、気になる感染の拡大があります。 ノロウイルスです。」 鈴木 「このノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者は、今月(11月)20日までの1週間で4万人以上。 この時期としては過去 …続きを見る
30
鈴木 「こちらは、対面通行の自動車専用道路です。 対向車線の車がすぐそばを走り抜けていきます。 こうした道路は全国にありますが、『怖いな』と感じたことがある方も多いのではないでしょうか。」 河野 「今、この対面通行の高速道路や自動車専用道路 …続きを見る
Page Top