1
桑子 「大型連休が始まっていますが、いつかは、こんな列車で旅をしてみたい! JR東日本の豪華寝台列車が、今日(1日)から運行を始めました。」  有馬 「最も高いチケットで3泊4日、115万円。 鉄道ファン、そして沿線の人たちも熱い視線を送っ …続きを見る
2
桑子 「何ですか、これは?」栗原 「見て分かるじゃないですか。 ダムですよ、ダム。」 有馬「何始めるんですか。」栗原 「ダムが実は、連休後半の出かけにおすすめなんです。 さらに、使い道にも注目が集まっていまして、今、ダムが熱いんです!」 …続きを見る
4
有馬 「クラシック音楽の知られざる歴史へご招待しましょう。 今年(2017年)創立175年を迎えた、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団。 その歴史の中で今、1つの転換点を迎えています。」 …続きを見る
5
桑子 「今日、5月5日は、こどもの日。 祝日に制定されたのは、今から69年前の昭和23年のことです。」 有馬 「実は当時、こどもをめぐって大きな社会問題がありました。 こちらなんです。 戦争で親を失った『戦争孤児』。 昭和23年といいますと …続きを見る
8
桑子 「投票が明日(9日)に迫った、韓国大統領選挙です。」有馬 「現地の熱気、すごい事になっています。」 …続きを見る
10
有馬 「親が育てられない子どもを匿名で受け入れる、いわゆる『赤ちゃんポスト』。 熊本市の民間病院が設けてから今日(10日)で10年になりました。」 桑子 「議論が続く『赤ちゃんポスト』。 子どもを預けようとした女性が、NHKの取材に応えまし …続きを見る
11
有馬 「さて、今月(5月)14日は母の日です。 それを前に、ある写真展が開かれています。」桑子 「こちら、映っているのは母と子。 共通しているのは、お子さんにダウン症があるということです。 子を育てる母の思いに焦点をあてたかったという、この …続きを見る
12
桑子 「雨のシーズンが近づいています。 沖縄や奄美では、平年ですとすでに梅雨入りしているくらいの時期なんです。」 有馬 「その梅雨時に気をつけたいポイントについて、保里リポーターです。」保里リポーター 「これからの時期、気をつけたいのは『カ …続きを見る
15
桑子 「今日(15日)、沖縄はアメリカによる統治から本土に復帰して45年の節目を迎えました。」 有馬 「この間、大きな課題になってきたのが、本土と沖縄との意識の格差です。 こちらを見てください。 『基地負担』に関わるものと、『経済』に関わる …続きを見る
16
有馬 「秋篠宮ご夫妻の長女の眞子(まこ)さまが、大学時代の同級生の男性と婚約される見通しになりました。」桑子「関係者によりますと、お相手は横浜市に住む法律事務所勤務の小室圭(こむろ・けい)さんです。 結婚の時期は、来年(2018年)が想定さ …続きを見る
17
桑子 「一橋さんとお伝えします。 ということは…。」一橋 「そう、スポーツの話題です。 いきなりですが、お2人に問題です。 “スポーツ選手の試合当日の食事は『A』を十分に摂取し『B』を控えるのが基本”。 『A』と『B』に入る言葉の組み合わせ …続きを見る
18
桑子 「歌舞伎俳優の中村獅童(なかむら・しどう)さんが、今日(18日)、初期の肺腺がんであることを公表しました。 今月(5月)人間ドックでわかったということで、治療に専念するため来月(6月)の公演を休むことになりました。有馬 「がんは今、日 …続きを見る
19
桑子 「先月(4月)、仙台市のマンションから中学2年生の男子生徒が飛び降りて亡くなりました。 この男子生徒について、今日(19日)新たなことが分かりました。」 有馬 「市の教育委員会は、同級生からのいじめがあったとして調査していますが、亡く …続きを見る
22
有馬 「スタジオに現れたのは…?」桑子 「大きいですよ、これ。」 有馬 「実はこれ、今朝、千葉県館山市の沖合で見つかった、幻の巨大ザメなんです。」桑子 「これに、あの人も大興奮です。」 …続きを見る
24
桑子 「一橋さんとお伝えします。 ちょっと残念なニュースですね。」一橋 「大相撲の横綱・稀勢の里が、今日(24日)夏場所11日目から休場することになったんです。」有馬 「初日からハラハラしていたんですが、けがの影響、重かったですね。」一橋 …続きを見る
25
有馬 「中学3年生のプロ棋士、藤井聡太(ふじい・そうた)四段。」桑子 「デビュー以来、公式戦での連勝を『18』までのばしています。 そして今日(25日)は、19連勝目をかけた対局。 どうなったのでしょうか。」 …続きを見る
26
桑子 「トランプ大統領、いわゆるロシア・ゲート疑惑は深まる一方です。」 有馬 「なんと、ホワイトハウスの高官に捜査の手が及んでいることが明らかになりました。 その高官、今もトランプ大統領と一緒に外国を訪問中。 側近中の側近、この人です。」 …続きを見る
Page Top