2018年9月3日(月)

中国 加速するアフリカ進出

桑子
「『我々はアフリカとともに運命共同体を建設していく』、こう述べたのは、中国の習近平国家主席です。
豊富な資源に恵まれ、“最後の巨大市場”と期待されるアフリカに巨額の投資を行い、大陸全体を取り込もうとしています。」

加速するアフリカ進出 “運命共同体を建設”

北京に集まった、アフリカ53か国の首脳や政府高官たち。
習近平国家主席が主催する「中国アフリカ協力フォーラム」です。
今日(3日)、開幕しました。

冒頭、演説した習主席。

中国 習近平国家主席
「共に運命共同体を建設していく。」
「中国とアフリカの運命共同体を建設。」
「中国とアフリカの運命共同体は、より強固なものになる。」

「中国とアフリカの運命共同体」との言葉を、繰り返し強調しました。

そして、融資などの名目で、今後3年間で総額600億ドルを拠出すると表明。
アフリカで影響力を拡大していく姿勢を鮮明にしました。

加速するアフリカ進出 “運命共同体を建設”

2000年から始まった、このフォーラム。
3年に1回開催されており、中国が拠出する額も会議の度に増えてきました。

今年(2018年)7月、習主席はアフリカを訪問。
就任以来すでに4回を数え、アフリカ各地でその存在感を示してきました。
アフリカは石油や天然ガス、レアメタルなど、豊富な天然資源に恵まれ、経済成長と人口の増加が続く中、「巨大市場」に成長する可能性を秘めています。
中国が掲げる巨大経済圏構想「一帯一路」への取り込みを目指し、インフラ建設などを通じて、影響力を強めています。

巨額融資の影で

しかし、アフリカの各地ではさまざまな問題が起き始めています。
アフリカ東部、ケニア。
建国以来最大の公共事業といわれる長距離鉄道が、去年(2017年)開通しました。

ケニア ケニヤッタ大統領
「ケニアと偉大なアフリカが変わる瞬間だ。」

鉄道そのものはケニア国鉄の所有ですが、建設から運営まで、中国企業が中心となって担っています。
しかし…。
野生のライオンが列車にひかれて死に、国民に衝撃を与えました。
さらに、延伸工事が、400種を超える野生動物が暮らす国立公園の中を通る形で進められているのです。

鉄道事業の負債も、日に日に増え続けています。
工事費の9割が中国からの借金。
その金額は3,000億円に上ります。
地元紙は、ケニアの対外債務が、20年前の10倍以上に膨れあがったと伝えています。
アフリカ経済に詳しい専門家は、こう指摘しています。

JETRO 平野克己理事
「大々的な鉄道プロジェクト、港湾建設プロジェクトが進められている。
従来の見方だとペイしない(採算が取れない)。
建設現場となった国は、返済しきれない。
アフリカのいくつかの拠点が、中国のコントロール下に置かれる可能性は否定できない。」

後退するアメリカ 日本は

中国がアフリカ進出を加速するもうひとつの狙い。
それは、国際社会での世論形成です。

中国 習近平国家首席
「中国はアフリカの永遠の友人で、いかなる者も団結を壊せない。」

習主席は今回の会議にあわせて、30を超える国の首脳と個別の会談を重ねました。
これらの国々が中国に同調すれば、国連でアメリカなどと対抗する上で大きな力となるのです。

さらに、もう1つの背景にあるのが、アメリカの後退です。
アフリカを重視していたオバマ政権からトランプ政権へと変わり、アフリカへの関与が弱まる中、中国の存在感が際立っているのです。
そして日本は、政府が主導して3年に1度、TICAD=アフリカ開発会議を開催。
安倍総理大臣もおととし(2016年)、アフリカに対し3年で3兆円規模を投資をする方針を表明しました。
しかし、金額では中国の半分以下にとどまっています。

平野さんは、日本企業の技術力が、より重要になると指摘しています。

JETRO 平野克己理事
「日本の強みは、中国とはバッティングしていない。
すぐれた製品をアフリカの消費者に分かってもらい、浸透させていく。
中国と競争するとか、たたかうとかいうことではなく、可能なら(中国と)連携しながら、アフリカでのビジネスのプレゼンスを高めていく。」

Page Top