2019年2月20日(水)

がんの「免疫療法」 新たな治療法 承認へ

がん治療の新しい領域として注目されている「免疫療法」。
ノーベル賞を受賞した本庶さんの研究を元に生まれた薬、オプジーボが有名です。

このがん免疫療法の分野に、新たな治療法が加わることに。

グループ・ネクサス・ジャパン 天野慎介理事長
「たくさんの患者が、この日を待ち望んでいた。
今まで救うことができなった貴重な命を救うことができる治療になる。
やっとこの日がきたかという思い。」

「CAR−T細胞療法」 アメリカでは効果が

国に承認されることが決まったのは、新しいがん免疫療法である「CAR−T細胞療法」の「キムリア」という治療法です。
大手製薬会社「ノバルティスファーマ」が申請していました。

対象となるのは、一部の急性リンパ性白血病など血液のがんの患者のうち、標準的な治療法では効果が期待できなくなるなどした場合で、年間最大で250人ほどになると見込まれています。

製薬会社がユーチューブで公表している動画です。
ここで紹介されている「CAR−T細胞療法」は、ヒトの体にもともと備わる免疫の力を使ってがんを治療する「がん免疫療法」の最新の治療法です。

「CAR−T細胞療法」はアメリカではすでに始まっています。
白血病を患っていたこちらの男性。
抗がん剤では効果が出ませんでしたが、「CAR−T細胞療法」に切り替えた結果、元気になったとアメリカのメディアは伝えています。

白血病を患っていた男性
「今までにないほど、力がみなぎっている。」

これまでに国内外で行われた臨床試験では、一部の白血病でがんが進行したり再発したりした患者の8割で、がん細胞が検出されなくなるなど高い効果が得られたとする報告があります。

「CAR−T細胞療法」 “がんへの攻撃力を高めて”

「CAR−T細胞療法」はどのような治療法なのか。
ヒトの体内にある免疫細胞のT細胞。
このT細胞の「攻撃力」を高めようというものです。

T細胞は、がん細胞を捕まえて攻撃しようとしますが、逃げられてしまいうまくいきません。

そこでこの治療法では、T細胞をがん患者の体内から取り出します。
そして、遺伝子操作の技術を使って、がん細胞を捕らえる力や攻撃する力を高めます。

このいわば「パワーアップ」したT細胞を体内に戻すことで、より強力にがん細胞を攻撃できるようにするのです。

「CAR−T細胞療法」 患者団体は期待

新たな治療法決定に、患者団体の代表からは。

グループ・ネクサス・ジャパン 天野慎介理事長
「今までの治療であれば、複数の抗がん剤を組み合わせないと出来ない治療だったが、このCAR−T(細胞治療)1回で、場合によっては完全寛解であるとか治癒も期待できる治療なので、極めて患者の期待は大きいですし、治療が全く変わってしまう可能性はあるかもしれない。
一日も早く、この薬が患者に届いてほしいと心から願っている。」

その上で、今回の対象以外にもこの治療方法が広がることを期待しているといいます。

グループ・ネクサス・ジャパン 天野慎介理事長
「自分自身で使えるようになるのかということを、非常に期待して待っている患者はいるので、できるだけ早く研究を進めていただいて、確実に効くタイプの患者が明らかになって、その患者に使えるようになってほしい。」

課題は“高額な医療費”  医療保険制度への影響は…

ただ「CAR−T細胞療法」をめぐっては課題も…。
高額になるとみられている治療費です。
アメリカでは、患者1人あたりの治療費がおよそ5,000万円とも。
日本での費用は、今後決まります。

費用について、専門家は…。

東京大学 田倉智之特任教授
「患者の症例数は、250人を超えることはないと言われている。
多少薬価が海外より高くても、おそらく年間100億〜200億円程の財政影響。」

日本では患者が医療費として払う額に上限が設けられていて、超えた部分は保険料と税金などで賄っています。
このため、こうした高額治療が相次ぐようになると、国の医療保険制度に影響を与えかねないと懸念されています。

この「CAR−T細胞療法」について、厚生労働省は今後正式に承認したあと、価格を決める審議を行うことにしていて、治療が始まるのはその後になる見込みです。

がんの「免疫療法」 新たな治療法 承認へ

桑子
「治療費の課題はあるとはいえ、患者の皆さんにとっては大きな希望になるニュースですよね。」

有馬
「今回の治療法の対象になるのは、こちらの2種類のがんです。
進行や再発によってこれまでの治療法による効果が期待できなくなってしまった患者さんたちなんです。」

桑子
「国内に250人いらっしゃるとうことでしたね。」

有馬
「ただ、この2種類のがんのほかにも、血液のがんを中心に、いろんながんに効果がないか、いま研究が進められています。
今後の進展に期待したいと思います。」

Page Top