1
有馬 「東日本大震災から8年になろうとする今、被災地で、異例の調査が始まろうとしています。」 桑子 「岩手県の大槌町では、役場の庁舎が津波に襲われました。 町の職員は、およそ140人。 40人が犠牲になりました。 亡くなった職員たちは当時ど …続きを見る
4
有馬 「見るだけでムズムズしちゃうんですけれども。 こんな映像を紹介しなければいけない時期が来ちゃったんですね。」 桑子 「花粉症、ですね。 有馬さんはもう対策を進めてるんですよね。」 有馬 「内服薬、点鼻薬、それからミント類も揃えましたし …続きを見る
5
高橋リポーター 「こちら、民族大移動といった様相ですが、中国では旧正月の春節に、のべ30億人近くが帰省や旅行で移動するとされています。 その中で日本は、人気の旅行先です。 皆さん、何を求めてやってくるのでしょうか。 密着取材してきました。」 …続きを見る
6
桑子 「アメリカ、トランプ大統領の『一般教書演説』が行われました。」 有馬   「ねじれ議会で公約実現の目処も立たず、逆境の中で行われた演説です。 トランプ大統領が繰り返し発したのは『TOGETHER=ともに』の言葉。 込められた狙いを読み …続きを見る
7
桑子 「大リーグの大谷翔平選手のニュース、ではなくて、服の肩に注目していただきたいんです。 スポーツ用品大手の『デサント』のマークです。」 有馬 「そのデサントと筆頭株主の『伊藤忠商事』が、いま対立しています。 株式の公開買い付け、TOBに …続きを見る
8
桑子 「児童虐待で緊急対策です。 政府は今日(8日)、児童相談所が把握している虐待と疑われるすべてのケースについて、1か月以内に緊急の安全確認を行うことを決めました。 その対象は、数万件に上ります。」 有馬 「ニュースウオッチ9は、今回、あ …続きを見る
12
有馬 「『パワーアシストスーツ』。 こうして体につけると作業の負担が軽くなります。 私が取材したのは3年前なんですが、力仕事の現場でどんどん広がっているんですよね。」 桑子 「このスーツ、実は今、日本が抱える“あの問題”も解消してくれるので …続きを見る
13
桑子 「亡くなった栗原心愛さんの隣で、ほほ笑む父親。 日常的に虐待を繰り返していたと見られています。」 有馬 「この事件のように『自分も子どもを殺していたかもしれない』。 そう語る男性に、なぜ虐待を繰り返すのか、問いました。」 …続きを見る
15
農口尚彦さん、86歳。 「日本酒の神」と呼ばれてきた伝説の杜氏(とうじ)です。 杜氏 農口尚彦さん 「酒の香りが出てきた。」 農口さんは4年前、高齢などを理由に酒造りを一度、引退。 しかし、再び現役に戻り、若者たちと新たな挑戦を続けていま …続きを見る
18
桑子 「こちらの看板、英語で『Caution=注意』『No Entry=入るな』と書かれています。 どこに置かれているのかと言いますと、福島第一原発の周辺で立ち入りが厳しく制限されている『帰還困難区域』です。」 有馬 「実は今、こうした『帰 …続きを見る
19
桑子 「深海魚の『リュウグウノツカイ』です。 竜宮城からの使者というミステリアスな名前のとおり、その生態は謎に包まれています。」 有馬 「今回、この謎の深海魚をめぐって世界で初めてだという快挙がありました。 舞台は沖縄。 取材班が現地に飛び …続きを見る
20
がん治療の新しい領域として注目されている「免疫療法」。 ノーベル賞を受賞した本庶さんの研究を元に生まれた薬、オプジーボが有名です。 このがん免疫療法の分野に、新たな治療法が加わることに。 グループ・ネクサス・ジャパン 天野慎介理事長 「たく …続きを見る
21
アメリカ軍普天間基地の移設問題。 今月(2月)24日、辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票が行われます。 その辺野古がある名護市では、22年前にも住民投票が行われました。 「不法侵入!」 「お父さんもう行こうよ。」 住民たちは賛否を …続きを見る
22
日本の宇宙探査に、新たな一歩が…。 「ひと言でいうと、完璧なミッションができた。」 けさ7時29分、ついに日本の探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」に着陸しました。 …続きを見る
25
「沖縄に基地が集中していることの理不尽さ。」 「もう少し沖縄の意見を聞いてもらいたい。」 昨日(24日)行われた、名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う沖縄の県民投票。 多数を占めたのは「反対」でした。 …続きを見る
26
桑子 「海に連なる岩のかたまり。 長崎県沖にあるこの岩礁、実はかつては700人が暮らす島でした。 しかし、昭和40年ごろ、沈んでしまったといいます。」 有馬 「島は、なぜ沈んだのでしょうか。 その原因を明らかにする専門家の調査が、今日(26 …続きを見る
27
時は平成末期。 日本は今、まさにブランド米“戦国時代”を迎えています。 平成の絶対王者だった、新潟県の魚沼産コシヒカリ。 去年(2018年)、最上位ランクの「特A」から陥落。 魚沼産コシヒカリ 生産者 「このまま黙っているわけにはいかない。 …続きを見る
28
米朝両首脳による昼食会の開始を待つ、報道カメラの映像。 ところが、聞こえてきたのは…。 「予定の変更があった。 控え室に戻って下さい。」 「昼食会はなくなったのか?」 「報道官が説明する。」 突然“予定変更”が告げられ、昼食会は取りや …続きを見る
Page Top