これまでの放送

けさのクローズアップ
10月2日
(月)

なぜ「残骨灰」の争奪戦が起きるのか

人生の終わりに行われる火葬。遺族がお骨を拾いあげたあとには、多くの骨や灰が残されます。「残骨灰」と言われ、自治体の責任で処理されています。今、この残骨灰をめぐって、激しい争奪戦が起きています。和久田「どういうこと …続きを見る

10月3日
(火)

最期は必ず誰かが見送ってくれる

高瀬「誰にもみとられることなく、1人亡くなり、しばらくたってから発見される『孤立死』。65歳以上の高齢者で『孤立死』する人の数は『年間およそ3万人』にも及ぶと推計されています。」 和久田「『孤立死』する人の …続きを見る

10月4日
(水)

世界遺産 理想と現実がかい離する理由

高瀬「今日(4日)は、世界遺産についてです。」和久田「未来に残すべき世界各地の文化や自然を守るためユネスコが制定した世界遺産。今年(2017年)7月には福岡県宗像市の『沖ノ島』などが新たに登録されることが決まりま …続きを見る

10月5日
(木)

「見えない支出」を洗い出せるか

高瀬「けさのクローズアップ。今、生活保護を受給する人が増え続けていまして、過去最多の164万世帯に達しています。」 和久田「国は、生活保護を受ける前に支援を行おうと、2年前、ある事業を立ち上げました。『家計 …続きを見る

10月8日
(日)

“命のビザ”記念館を救え

小郷「第2次世界大戦中、ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人にビザを発給し、多くの命を救った外交官、杉原千畝。このビザは、のちに『命のビザ』と呼ばれるようになりました。」 二宮「その舞台となったリトアニアでは …続きを見る

10月14日
(土)

変貌遂げる甲子園への“道”

全国の球児たちの憧れの舞台、甲子園。この甲子園を目指す「道」が、今、様変わりしています。小学校低学年から通うのは、最先端の野球塾。中学では、部活動ではなく、常連校にルートがあるクラブチームへ。変わる「甲子園への道 …続きを見る

10月15日
(日)

いま再び注目“社歌” その理由とは

♪:“愛と光と夢で つつもう”昭和52年の大手電機メーカーの朝礼。歌っているのは『社歌』です。 ♪:“互いの力 信じて 和して幸せつくる 松下電器”二宮「成長を目指して、社員が一丸となることが求められた時代 …続きを見る