これまでの放送

2020年2月23日(日)

旬体感 “希望のいちご”本格出荷

宮城県で今シーズンから本格出荷されている新しいいちご、「にこにこベリー」。みんなが笑顔になるようにという願いをこめて名付けられました。主に作っているのは宮城県の沿岸部、亘理町・山元町です。このあたりは昔からいちごづくりが盛んな地域でしたが、東日本大震災の大津波で、ほとんどの農家が大きな被害を受けました。震災からまもなく9年。このいちごにこめられた農家や研究者の思いを取材しました。

この地域では、2月から3月が出荷の最盛期。今年は、地元の期待を集める新品種「にこにこベリー」が加わりました。栽培している農家を訪ねました。4代にわたって、亘理町でいちご農家を営んできた小野勇悦(おの・ゆういち)さんです。

いちご農家 小野勇悦さん
「形がいいですよね。きれいですよね。」

石橋キャスター
「きれいです、本当に美しいですね。」

形の良さも特徴の一つという「にこにこベリー」を、さっそくいただきました。

甘みと酸味のバランスがよく、中は赤みが強くてスイーツに使うと見栄えがいいのが特徴です。

石橋キャスター
「愛情たっぷりですね。」

小野勇悦さん
「一生懸命つくっています。」

9年前の東日本大震災。この地域は大津波が押し寄せ、いちご農家の多くが甚大な被害を受けました。小野さんの畑も、農業用ハウスが12棟すべて流されました。

小野勇悦さん
「畑はがれきの山でした。車や船、ポストや、いろんなものが流れてきて、その時は、これはもうダメかなと思いました。」

当時、子どもが生まれたばかりだった小野さん。自慢のいちごを食べさせたいと、被災から3か月後、再び立ち上がります。
最大の問題は海水をかぶった土。塩分が残り、これまでのように栽培ができなかったのです。

そこで小野さんは、養液栽培という、土を使わない方法に切り替えます。ただ、すべては手探りで、はじめは思うようにはいきませんでした。

小野勇悦さん
「養液栽培は、それまでの作り方と全然違う。温度管理や肥料の管理をしてあげないと、なかな応えてくれないところがあり、なかなか難しかったですね。」

苦労する農家の姿を見て、動き出していた人がいました。県の農業研究所の高山詩織(たかやま・しおり)さんです。

宮城県 農業・園芸総合研究所 高山詩織さん
「震災後、現地の方々は元気のない感じで、本当につらい経験だったんだと感じました。」

高山さんは、養液栽培でもよく育つ品種を作りだそうと、地道に試験をくりかえしました。調べたいちごは2万粒以上。その中から、味と形がよく、収穫量も多い「にこにこベリー」を見つけ出したのです。

高山詩織さん
「期待に応えられるようないちごに、にこにこベリーがなってくれれば。みんなを元気にする品種として世に出て行ってもらいたいと思います。」

高山さんの研究成果は、産地にも伝えられました。

小野さんも4年前、にこにこベリーの栽培を開始し、安定的に生産できるようになった今シーズン、ようやく本格的な出荷にこぎ着けたのです。

小野勇悦さん
「出来は、まだまだです。その分、今後が楽しみです。
いちごが実るとやっぱりうれしいです。毎年、初めて色がついたいちごを見るときに、今年もできたっていううれしい気持ちになるんです。震災前はそこまで感じなかったかもしれませんけど、震災以降は、今年も無事いちごがしっかりできているなというありがたさを感じます。」

こうして生まれた「にこにこベリー」の魅力を、多くの人に届けようという人がいます。

仙台市の有名ホテルでシェフをつとめる白川純(しらかわ・じゅん)さんです。白川さんは、被災した農家を訪ね、その食材を料理に生かしてきました。そうした中で、にこにこベリーにも出会い、その味に魅了されました。

ウェスティンホテル仙台 シェフ 白川純さん
「酸味がすごく強くて、もちろん甘いんですけど、果肉はしっかりしていて、すごく赤い。そこが料理に引き立つんです。」

いちごをたっぷり使って、フランス料理の決め手となる、ソースをつくります。

いただいたのは、A5ランクの仙台牛グリル にこにこベリーと山ぶどうのソースです。

石橋キャスター
「いちごの酸味が本当にお肉の脂と相性がいいというか、すっと食べられる。相性抜群ですね!」

震災から紆余曲折を経てできあがったいちご。そこにつまった味を引き出すことを、白川さんは目指します。

白川純さん
「メインは生産者という料理ができれば、いちばんいいのかなって思っています。食べていただいて笑顔になる、(農家とお客さんを)つなげていける料理がつくれたらいいなって思っています。」

いちごの産地、復活へ。人々の思いが今、大きな実を結びはじめています。
この「にこにこベリー」は現在、宮城県内や青森県に出荷されています。4月からは東京にも出荷される見込みということです。

Page Top