これまでの放送

2020年5月17日(日)

相次ぐアニメ延期 制作現場で何が

新型コロナウイルスによる影響は「アニメ」にも及んでいます。
「サザエさん」や「ワンピース」など人気アニメの新作放送がなくなり再放送になるなど、少なくとも、30のアニメが放送延期や中止になっています(5月17日現在、NHK調べ)。アニメ制作の現場に何が起きているのでしょうか。

<この記事のポイント>
◆人気アニメにも放送延期や中止などの影響が。
◆日本のアニメの多くが制作の一部を中国などに外注、作業が止まってしまう一因に。
◆セリフを入れるアフレコも「3密」が危惧され作業休止に。

東京杉並区にあるアニメ制作会社です。17人のアニメーターが働く、この会社は主に大手のスタジオの下請け作業を行っていて人気アニメの「ワンピース」「フェイト」などの制作にも携わってきました。ところが、2月から断続的にアニメの制作作業が止まってしまいました。

アニメの制作を行うスタジオの中は、連携して作業を行うため、人が密集しがちです。香港出身の社長の盧国華(ろ・こくか)さんは作業工程の中で、在宅でできる業務がないか検討しました。

工程には原画、動画、色をつける彩色などがあります。このうち原画を描く作業は、今でも手描きが主流で、専用の作業台や広いスペースが必要で自宅での作業ができる人は限られます。また、コンピューターを使った作画も進んでいません。
さらに、作業を停滞させたのは、2月からの中国での新型コロナウイルスの流行です。実は、この会社では、動画や彩色の工程は海外に発注しています。

多くのアニメ会社は動きの基本となる原画を日本で制作し、人手のかかる動画の制作を中国などに発注しています。この会社でも盧さんの人脈を生かし、作業工程の3分の1を中国に発注してきました。しかし、その作業の9割が突然ストップしてしまったのです。

アニメ制作会社『暁』社長 盧国華さん
「かなりひどかったと思うんですけど、仕事の作業ができる量がほぼゼロという日もありました。」

さらに、声優が映像に合わせてセリフをあてる、いわゆる「アフレコ」にも問題が生じました。1つのマイクを数人で取り囲んで収録するため、感染リスクが高いという指摘があがったのです。声優の組合である日本俳優連合によると、4月は新作のアフレコが全くなくなったといいます。

日本俳優連合 池水通洋さん
「長引けば演じる方も食えなくなって、いなくなってしまうのではという危惧もでて、悪夢を見ているような気がします。」

感染による影響が長期化することが予想される中、盧さんは作業の在宅化を続けたり少人数で出社したりするなどして少しでも制作を進めたいと考えています。

アニメ制作会社『暁』社長 盧国華さん
「アニメ業界が動きだすとすればここからは今まで止めていた仕事が大量に出てくる。それを受け止められる体制を整えて挑むしかないと思っています。」

在宅作業へ切り替え難しいアニメ業界

アニメ制作の作業を在宅勤務で進めていくのは難しい部分もあります。理由の1つが作業の中核を担うベテランアニメーターの多くはデジタルではなく、紙とペンの方が慣れているため、スタジオでの作業の方が、効率がいいということです。デジタル機器を使いこなせる人は、業界全体で20%程度とも言われています。

今後はどうなる?業界の対応策

中国では4月ごろから感染者の数が落ち着いてきていて、アニメの制作も行える状況になり始めています。盧さんの会社でも日本も緊急事態宣言が解ければ、3密を避けつつ、作業を再開していきたいとしています。また、声優のアフレコに関しては、個別にスタジオ収録するといった新たな方法も検討されています。

クールジャパン戦略担うアニメ 輸出への影響は?

新型コロナウイルスによってアニメの見本市などが中止になったり、入国規制のため海外のバイヤーが来日して商談したりすることが難しくなっていて、どう海外への販路を確保するかも課題となっています。
そうした中で、政府の支援で新しい取り組みが始まっています。

海外のバイヤーと日本各地のアニメ企業の担当者のビデオ会議です。主導するのはジェトロ=日本貿易振興機構で世界に向けてのアニメビジネスが止まらないようにと設置されました。

日本貿易振興機構(JETRO) 藤井真也さん
「北米、欧州、そしてアジア、アフリカ、中東、世界のほとんどの国から参加してくれます。日本のアニメを紹介することで、このオンラインマッチングをベースにして、ビジネスが生まれることは非常にいいことだと思います。」

日本動画協会によるとアニメは2兆円を超える一大産業です。感染の長期化も懸念される中、新たな制作態勢をどう築いていくのかが、大きな課題といえそうです。

取材:国際放送局 文室理惠ディレクター
   ノヴィツカ・カテリーナディレクター

Page Top