これまでの放送

2020年6月10日(水)

マスクの夏 熱中症対策は“3とる”から

ことし(2020年)は「感染症」と「熱中症」の両方の対策が必要な初めての夏を迎えます。私たちは何をどう気を付ければいいのか、熱中症対策に詳しい、済生会横浜市東部病院・谷口英喜医師に聞きました。

マスクと外出自粛でリスク上昇!?

谷口医師は、私たちがこれまで続けてきた感染症対策が、これから熱中症のリスクを高める要因になり得ると警鐘を鳴らします。

まず、ステイホームなどの「外出自粛」。多くの人は屋外に出ることを控えてきましたが、その結果、ことしは例年以上に体が暑さに慣れていません。また、運動も少なくなる傾向にあるため、体の水分を蓄えるための筋肉量が減って、脱水状態になりやすいと指摘しています。

体で最も水分をためることができるのは筋肉です。この筋肉量が少ないと体内に蓄える水分量が減って、脱水状態になりやすくなります。対策として、暑さに気を付けたうえでの「適度な運動」に加え、肉や魚など筋肉をつくる「タンパク質」を積極的にとるのが重要だということです。

マスク着用 脱水状態に注意を

次に「マスクの着用」。長時間マスクをしていると、のどの渇きに気づきづらくなり、水分補給の回数が減ってしまうおそれがあります。そのまま水分補給をおこたり続けると脱水状態になってしまい、熱中症のリスクが高まります。さらに、この脱水状態は、深刻になると感染症のリスクも高めます。

谷口医師によると、ウイルスや細菌は、気管や消化管の「粘膜」を通して体に入ってくるといいます。この粘膜にはウイルスや細菌から体を守る抗体がありますが、脱水状態がひどくなると、粘膜が乾いて免疫機能が低下してしまい、ウイルスや細菌への感染のリスクが高まってしまうそうです。

対策は“3つのとる”

新型コロナウイルスの感染を防止するためにも、ことしは熱中症予防がより必要だということが分かりました。谷口医師は、例年通り「暑さを避ける」、「こまめな水分補給」、「三食しっかり食べる」などの対策をしたうえで、今年ならではの対策として、“3つのとる”を意識することが重要だといいます。

まずは、①人と距離をとる。距離を十分にとったら、②マスクをとる。マスクをはずしたら、こまめに、③水分をとる。
環境省と厚生労働省は5月下旬に、ウイルスの感染防止を進めながら熱中症を予防するポイントをまとめ、屋外では人との距離が2メートル以上ある場合は、気温や湿度など状況に応じてマスクを外すよう呼びかけています。

谷口英喜医師
「状況に応じて“3つのとる”を意識して、特にマスクを外して水分をとることを、みんなが許容してほしい。周りが見ているときに、熱中症対策でやっているんだなと、堂々とできるような社会にしていかないと熱中症を乗り切れないと思う。」

夏用マスクは

(※品切れの場合もあります)
熱中症対策として気になるのが、夏用のマスクです。谷口医師は、夏用のマスクは“通気性”と“速乾性”に優れていて、一般的なマスクよりも口の周りに熱がこもりにくいという効果が期待できるとしています。他のマスクと同様、飛沫をとばさない、人にうつさないという面ではつける意味があり、こうしたマスクも熱中症対策として上手に活用してほしいということです。

熱中症で医療崩壊のおそれも

去年(2019年)、熱中症で救急搬送された患者は全国で約7万人にのぼります。実は、熱中症と新型コロナウイルスによる初期症状には、似ている点があります。もしこの夏、熱中症で搬送されると、患者が熱中症なのか新型コロナウイルスなのかを見極めるのに時間がかかり、結果的に、医療全体に大きな影響を及ぼしかねないと谷口医師は危機感を抱いています。

谷口英喜医師
「患者さんが病院に行っても、なかなか救急で受け入れてくれない、たらい回し状態になって治療が遅れてしまうこともありうる。新型コロナウイルスで医療崩壊になりそうだった状況が、またこの夏にも熱中症によって起こってしまうような危険性がある。」

Page Top