NHK INFORMATION
技術情報

  ◆NHK新放送技術研究所竣工
(平成13年10月4日)
 
                                  
● 平成11年4月から進めていた放送技術研究所総合整備は、10月末に建物が完成し、11月8日(木)に竣工式を迎えます。

● 放送技術研究所の総合整備は、放送・通信・コンピュータ融合時代の放送技術の研究センターとして、研究内容の高度化に対応できる研究環境を整備するために進められてきたものです。

● 新しい建物の概要
 ○ 延べ床面積 約46,000u
 ○ 建物規模 高層棟:地上14階・地下2階
中層棟:地上6階・地下2階
 ○ 軒高 65m
 ○ 研究所の面積 約16,000u

● 建物のコンセプトと特徴
 ○ 親しまれるNHK技研
  ・ 誰でも出入りできるオープンスペースを確保し、研究紹介や地域情報などを提供
 ○ 環境に優しい建物
  ・ 自然換気を利用した空調システムの採用
  ・ 敷地の緑化による地域環境の向上
 ○ 高度な研究設備の整備
  ・ 光ファイバーによる情報インフラ網
  ・ 高い性能を持つ各種実験室

● 新しい研究棟において、放送技術研究所は、21世紀の新しい放送の開拓に向けて、次のような研究を進めていきます。
  ・ ISDBの高度化の研究
  ・ コンテンツ制作技術の研究
  ・ 将来の放送サービスと基盤技術の研究

● この建物にはNHK放送研修センターも入居し、新しい放送人の育成を行います。

● 今後のスケジュールは以下のとおり。
平成13年11月8日(木) 竣工記念式典
      11月〜3月 移転作業
平成14年3月6日(水) 落成披露記念式典
  ・ 各方面の関係者や近隣の視聴者の方々をお招きして、広く建物を披露する式典を中心に、地域と連携したイベントなどを実施
       4月1日(月) 新放送技術研究所オープン
       4月〜15年4月(予定)
  旧建物(技研・研修センター)解体撤去工事
       5月中旬〜下旬 技研公開
  ・ 新しい建物で開催する初めての技研公開では、最新の研究活動成果を専門家および一般視聴者に広く公開

(平成13年7月撮影)














技術情報一覧
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載を禁じます