NHK INFORMATION
技術情報

 
◆動画用電子透かし装置を初めて開発
 〜実時間での情報の埋め込みと検出を実現
(平成14年5月10日)


●NHK放送技術研究所と三菱電機株式会社は、電子透かしによる著作権保護技術の開発を行ってきました。今回、両者は共同で動画用の電子透かし装置を世界で初めて開発しました。

●近年のデジタル技術の発展により、簡単にコンテンツを劣化なくコピーしたり、編集したりできるようになりました。違法なコピーや編集を防ぐためには、デジタルコンテンツの保護に関する制度整備とともに、デジタルコンテンツの管理や課金に関する技術開発が必要です。電子透かしとは、コンテンツに著作権などの情報を埋め込む技術であり、コンテンツ管理の重要な要素技術です。

●電子透かしについては、コンテンツに妨害を与えず、かつ、コンテンツの圧縮によってそのデータが変化しないことが必要です。

●電子透かしを用いて情報の埋め込みや検出を行うには高度な計算が必要です。従来、静止画への情報の埋め込みや検出には、高性能パーソナルコンピュータを用いても1枚の静止画に対して数秒以上の処理時間が必要でした。

●今回開発した動画用電子透かし装置は、電子透かしにより情報の埋め込みや検出を行う専用ハードウエアでできていて、標準テレビ映像に対してリアルタイム処理が可能です。

●本装置を用いてアルゴリズムの改善を図るとともにハイビジョンを含めて実用化を進めていく予定です。











技術情報一覧
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載を禁じます