photo 天地人

第48作 天地人

(あらすじ)
わずか5歳で上杉景勝の家臣となり、側近として主君に寄り添い、仕えた直江兼続の生涯を描く。上杉謙信の「義」の精神を受け継ぎ、仁愛の「愛」という信念にたどり着いた兼続は兜に「愛」の文字をかかげた。

天地人 どーも
「天地人」直江兼続