photo 花燃ゆ

第54作 花燃ゆ

(あらすじ)

萩の貧しい武士の家に生まれた少女・文。吉田松陰という破天荒な兄を愛し、支え、時にはぶつかり合いながらたくましく成長した文は、強い絆で結ばれた久坂玄瑞、高杉晋作ら松下村塾の塾生たちや家族とともに、幕末の動乱を強く生き抜いていく。

どーも
どーも
「花燃ゆ」杉 文(美和)