1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

三重県津市

交通の要衝として栄えた街、津市。織田信長は、この地を弟の信包に任せました。江たち三姉妹は父・長政の死後、伊勢街道沿いにあった伊勢上野城に身を寄せたとも考えられています。
 その後信包は、伊勢上野城から南におよそ9kmの場所にある新たな城に拠点を移します。そして古くから港町として栄えたこの地に城下町の基盤を築きました。この地での穏やかな日々が、戦国の世を乗り越える江の強さを育んだのかもしれません。

このページのTOPへ

伊勢上野城跡

近鉄名古屋線 「豊津上野」下車、
徒歩15分

このページのTOPへ

安濃津城跡(津城跡)

近鉄線「津新町」下車、徒歩10分