1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

京都府京都市

天正10年(1582)、明智光秀の襲撃により、信長の滞在する本能寺は焼失。その後秀吉の命で、かつての場所から1kmほど離れたところに、現在の本能寺が再建されました。
 本能寺に続いて明智軍が攻撃したのは、信長の嫡男・信忠が立てこもる二条殿(にじょうどの)でした。信忠はこの地で戦い、無念の死を遂げます。本能寺の変で最期を迎えた信長と信忠。父子の菩提(ぼだい)を弔うために大雲院が建立されました。

このページのTOPへ

本能寺跡

阪急電鉄京都線「大宮」下車、
徒歩10分