1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

滋賀県長浜市

北庄を出発した柴田勝家は北国街道を南下し、近江に兵を進めます。琵琶湖の北にある賤ヶ岳(しずがたけ)が、迎え撃つ秀吉軍との決戦の舞台となりました。
 周辺の山々には両軍合わせて20か所以上の城やとりでが築かれました。勝家は最も規模が大きかった玄蕃尾(げんばお)城に本陣を構え、2か月近くにおよぶ戦いに臨みました。

このページのTOPへ

賤ヶ岳古戦場

JR「木ノ本」よりバス
「大音(おおと)」下車