1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

三重県玉城町/松阪市

古くから軍事的要衝として栄えた田丸。ここに、織田信長の次男・信雄の居城、田丸城があります。信長は、この地を治める北畠氏のもとに幼い信雄を養子として送りこみ、家督を継がせました。信雄はこの城から各地の合戦に出陣。独断で進めた伊賀攻めでは大敗し、信長の激しい叱責を受けたといいます。
 その後、松ヶ島城に移った信雄は、本能寺の変で父を失い、思いがけず織田家の後継者争いに加わることになったのです。

このページのTOPへ

田丸城址

JR「田丸」下車、徒歩10分

このページのTOPへ

松ヶ島城跡

近鉄山田線「松ヶ崎」下車、
徒歩15分