1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

京都府京都市

九州を平定した豊臣秀吉は、天正15年(1587)に京の北野天満宮で大茶会を催しました。身分の上下なく参加するようにと高札を立て、庶民に呼びかけたといいます。拝殿には黄金の茶室や、秀吉自慢の名物茶器も披露されました。境内には1,000にもおよぶ茶席が並び、秀吉自身も茶をたてふるまったといいます。
 この大茶会は、茶の湯という新しい文化を世に知らしめ、秀吉の人気も高めました。

このページのTOPへ

北野天満宮

JR「京都」より市バス、
「北野天満宮前」下車すぐ
京福電車北野線「北野白梅町」下車、
徒歩5分