1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

和歌山県高野町

織田信長と対立し、存亡の危機にあった高野山。その後、豊臣秀吉と和議を結び庇護(ひご)を受けるようになります。
 天正17年(1589)12月、淀の方は父・浅井長政の十七回忌、母・お市の方の七回忌の追善供養を高野山の持明院で行いました。その際に父母の肖像画を奉納したといわれています。 
 秀吉の子・鶴松を産み、豊臣家で揺るぎない地位を築いた淀の方は、亡き父母への思いを生涯忘れることはなかったのです。

このページのTOPへ

持明院

南海電鉄高野線「極楽橋」乗り換え、
高野山ケーブル「高野山」よりバス
「蓮華谷(れんげだに)」下車