1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

神奈川県小田原市/箱根町

関東の覇者、北条氏の居城であった小田原城。ここは、上杉謙信や武田信玄でさえ落とせなかった「難攻不落の城」でした。
 天正18年(1590)、秀吉は20万を超える大軍で城を包囲。城の西、箱根湯本の早雲寺に本陣を構えます。この戦で初陣を迎えたのが家康の息子・秀忠。秀吉は秀忠を呼び、自ら甲冑(かっちゅう)を着せ背中をなでたと伝わります。秀吉が天下統一を果たしたこの戦で、秀忠は武将として第一歩を踏み出すのです。

このページのTOPへ

小田原城天守閣

JR「小田原」下車、徒歩10分

このページのTOPへ

早雲寺

箱根登山鉄道「箱根湯本」下車、
徒歩15分