1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

滋賀県近江八幡市

近江八幡市には、かつて豊臣秀次の居城がありました。
 天正13年(1585)、この地の領主となった秀次は、城下町の経営に力を注ぎます。秀次が築いた「八幡堀」は、町の繁栄に大きな役割を果たしました。さらに、村同士の水争いが起こった際は現地を訪れ、互いの意見を聞き、争いを収めたといいます。
 そうした功績をたたえ、桐原新橋のたもとには秀次の銅像が建てられています。

このページのTOPへ

八幡山城跡(八幡山ロープウェー乗り場)

JR近江鉄道「近江八幡」よりバス
「大杉町八幡山ロープウェイ口」
下車、徒歩5分