1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

京都府京都市

京都市伏見区に、平安の昔から続く桜の名所・醍醐寺があります。秀吉は亡くなる年の春、ここで花見を行いました。秀吉は、当日満開となる桜を700本集め、植樹。花見には北政所、淀の方をはじめ、女性を中心におよそ1300人を招き、華やかな一日を過ごしたといいます。
 秋には紅葉狩りを楽しみにしていたと伝わりますが、夢はかなわず。この醍醐の花見が秀吉最後の宴(うたげ)となりました。 

このページのTOPへ

醍醐寺

京都市営地下鉄東西線「醍醐」下車、
徒歩13分