1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

滋賀県彦根市

町を見下ろす佐和山に、石田三成の居城がありました。三成は、加藤清正らによる襲撃事件の責任をとり、この城に蟄居(ちっきょ)します。板張りの部屋が多く、極めて質素だったと伝わる佐和山城。自らの暮らしにはぜいたくを求めなかったという、三成の人柄がうかがえます。
 蟄居して1年。三成は天下を揺るがす家康との大戦へと、いよいよ動き出すのです。

このページのTOPへ

佐和山城趾(佐和山山頂)

JR「彦根」下車、徒歩60分