1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

京都府京都市

伏見区にある御香宮(ごこうのみや)神社は、千姫ゆかりの神社。境内に湧き出る「御香水(ごこうすい)」は、神社の名前の由来ともなりました。神社としては珍しく、家康をまつる「東照宮」と、秀吉をまつる「豊国社」が同じ敷地内にあります。
 千姫は秀頼に嫁ぐ際、江戸からここ伏見に立ち寄り、大坂へと向かいました。娘の輿(こし)入れに付き添った江。徳川と豊臣が争うことのない泰平の世を強く望んでいたことでしょう。

このページのTOPへ

御香宮神社

JR「桃山」下車、徒歩5分
近鉄京都線「桃山御陵前」下車、
徒歩2分
京阪本線「伏見桃山」下車、徒歩3分