1. トップ >
  2. 紀行 >
  3. 紀行

福井県小浜市

福井県小浜市は、関ヶ原の戦いの功績により、初の夫・京極高次の領地となった地です。高次が入城した後瀬山(のちせやま)城に、のちに愛宕神社が建てられます。江の娘で、初の養女となった初姫が、社殿を建てる費用を寄進したと伝わります。
 慶長14年(1609)、最愛の夫・高次が亡くなると、初は出家し常高(じょうこう)院と名乗りました。豊臣と徳川が次第に対立を深めるなか、常高院は姉妹の絆を取り戻そうと奔走します。

このページのTOPへ

常高寺

JR「小浜」下車、徒歩15分