1. トップ >
  2. 「八重の桜」紀行

福島県会津若松市

街

会津藩の藩校・日新館は、鶴ヶ城の西にありました。現在は有志によって復元され、当時の姿を今に伝えています。
 藩の人材育成のため1803(享和3)年に完成し、1000人にのぼる藩士の子弟が学んだ日新館。給食や日本初のプール、天文台も備えた国内有数の藩校でした。山本覚馬もここで教べんをとり、砲術や蘭学を教えました。
 儒教の影響を色濃く受けた会津武士道の原点にもなった学び舎。子どもたちはここで、会津武士としての精神を学び、巣立っていったのです。

日新館

JR「会津若松」より
バス「會津藩校 日新館」下車すぐ