1. トップ >
  2. 「八重の桜」紀行

滋賀県彦根市

街

徳川家康の時代から譜代大名の筆頭だった彦根藩。その13代藩主が井伊直弼です。11代藩主・直中の14男として生まれ、不遇な扱いを受けた直弼は、その心境を「うもれ木の、埋もれておらん、心なき身は」と歌に残し、日々心身ともに精進を怠りませんでした。
 松平容保とは親戚で、幕府の行く末を語り合う仲だった直弼。容保から昇進を喜ぶ書状が届いた2か月後、直弼の身に思いもよらぬ事件が起こるのです。

彦根城

JR「彦根」より徒歩15分