1. トップ >
  2. 「八重の桜」紀行

京都府京都市

街

1862(文久2)年、松平容保はおよそ千人の会津藩士と上洛しました。容保は、御所の東に位置する金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)を京都守護職本陣とします。治安維持に励む容保に孝明天皇は「速やかに命令を受け、私の憂いを払いのけてくれた容保の忠誠に深く感動した」と書簡を送ります。
 上洛の1年後に完成した京都守護職屋敷門。その瓦にある菊の御紋からは、孝明天皇が容保へあつい信頼を寄せていたことがうかがえます。

金戒光明寺

バス「岡崎道」下車、徒歩10分