1. トップ >
  2. 「八重の桜」紀行

京都府京都市

街

1864(元治元)年、長州藩士を中心とした急進的な藩士らが都の焼討ちを画策していることが判明。松平容保は各藩に出動を命じます。
 三条小橋の池田屋で謀議中の藩士の中には、吉田松陰と共に会津を旅した肥後藩の宮部鼎蔵(ていぞう)がいました。6月5日夜、新選組が池田屋を襲撃し、会津と敵対する立場の重鎮になっていた宮部は、激闘の末自害します。長州藩は復しゅうに燃え挙兵。池田屋事件を境に、会津藩の運命は大きく変わっていくのです。

池田屋騒動之址碑

京阪電鉄「三条」下車、徒歩5分