1. トップ >
  2. 「八重の桜」紀行

愛知県名古屋市

街

名古屋市は、徳川御三家の筆頭、尾張藩の拠点でした。幕末に美濃高須藩から養子に入り、尾張藩の藩主となった容保の兄・徳川慶勝(よしかつ)と茂徳(もちなが)。また、容保には、桑名藩主で京都所司代を務めた弟・松平定敬(さだあき)もおり、彼らは高須四兄弟と呼ばれました。
 兄弟は実直な性格で、慶勝が長州征討の総督に任命されるなど、皆、公武合体に尽力します。しかし、長州と和解した慶勝の処置をきっかけに兄弟の足並みは乱れ、時代の波に翻弄されていくことになるのです。

名古屋城

JR「名古屋」乗換え、
市営地下鉄「市役所」下車、徒歩5分