1. トップ >
  2. 「八重の桜」紀行

京都府京都市

街

岩倉具視がおよそ5年間暮らした邸宅が、京都市内の北のはずれに残っています。岩倉は朝廷と幕府の仲介のため、孝明天皇の妹・和宮と将軍・徳川家茂(いえもち)の結婚に尽力したことで命を狙われ、身を隠すことになります。その後、朝廷から追放令が下り、この地に移り住んだのです。
 蟄居中、岩倉は数々の意見書を執筆。「叢裡鳴虫(そうりめいちゅう)」、あえて自らを草むらで鳴く無力な虫に例え、幕府に代わる朝廷権力の確立を論じました。やがて岩倉は政治の表舞台へ復帰し、王政復古の実現に向けてまい進するのです。

岩倉具視幽棲旧宅

バス「岩倉実相院」下車すぐ