1. トップ >
  2. 「八重の桜」紀行

京都府京都市

街

四条天皇以来、多くの天皇や皇后などの菩堤寺となっている泉涌寺(せんにゅうじ)で、孝明天皇の葬礼が執り行われました。突然の発病からわずか13日で崩御した孝明天皇。そのあまりに急すぎる死に、毒殺ではといううわさが広まったほどでした。
 孝明天皇は生前、松平容保へ信頼の証として書簡と御製(ぎょせい)を授けています。感激した容保はこれらを錦の筒に入れ、生涯片時も離すことはなかったといいます。しかし、孝明天皇の崩御により政局は一転、容保は時代の渦に巻き込まれていくのです。

御寺 泉涌寺

バス「泉涌寺道」下車、徒歩5分