1. トップ >
  2. 「八重の桜」紀行

京都府京都市

街

徳川慶喜は二条城で15代将軍に就任し、幕府勢力の盛り返しに着手しました。それに危機感を抱いた薩長は、慶喜抹殺の密勅を朝廷に求めます。出された密勅には、容保までも抹殺するよう指示が下されていました。山川大蔵が書いた記録には、「嗚呼、我が公は公武一和のため尽力してきたのに」と不条理な仕打ちへの悔しさが記されています。
 しかし、慶喜が二条城で大政奉還を表明したため、密勅は意味を失い、薩長の思惑は覆されました。徳川幕府終えんの舞台となった二条城。幕府に忠誠を誓う会津藩の運命も、ここから大きく変わっていったのです。

二条城

バス「二条城前」下車すぐ