1. トップ >
  2. 「八重の桜」紀行

東京都墨田区/港区

街

勝海舟は、旗本の勝小吉の長男として生まれました。旗本とはいえ家禄が少なく、生活には苦労したといいます。
 勝は江戸城無血開城に向けて苦心していたころ、赤坂に暮らしていました。西郷隆盛と訪れたといわれる愛宕山。ここで2人は「江戸の町を戦火で焼失させてしまうのは忍びない」と語り合ったと伝わっています。そして1868(慶応4)年3月14日、勝は江戸の薩摩藩蔵屋敷で西郷を説得し、江戸城無血開城へと導きました。しかしその後、新政府軍の矛先は会津へと向けられていくのです。

江戸開城会見之地碑

JR「田町」下車、徒歩3分