1. トップ >
  2. 「八重の桜」紀行

京都府京都市

街

1875(明治8)年11月、新島襄は同志社英学校を開校しました。かつて校舎があった場所には、新島旧邸が建っています。
 襄と学校を立ち上げたデイヴィスが、開校日の朝に見た襄について「優しい、涙にみちた、まじめな祈りを私は忘れることができない」と書き残しています。翌年1月、宣教師でもあるデイヴィスの自宅で、襄と八重は結婚式を挙げました。日本人初のプロテスタント系キリスト教式の婚礼でした。
 同年9月、同志社英学校は今出川に移転。赤レンガの礼拝堂は、襄が同志社の精神だと語った建物です。同志社英学校で、新島襄が唱えた“良心”と“自由”の精神は今も受け継がれているのです。

同志社大学 今出川キャンパス

市営地下鉄「今出川」下車すぐ