1. トップ >
  2. スペシャル >
  3. 第8位 利家とまつ -エピソードで振り返る! 人気大河「ベスト10」-

エピソードで振り返る! 人気大河「ベスト10」(「あなたの好きな大河ドラマ」投票結果より) 第8位 第41作 利家とまつ~加賀百万石物語~ 2002年(平成14年)

エピソード1 まつの名言

聡明(そうめい)でしんが強く、励まし上手。的確な状況判断と鮮やかな采配で、夫・利家とと もに加賀百万石を築いたまつ。随所に散りばめられた数々のことばが、ときにドラマのキーポイントに。「ふたりから始まる百万石ストーリー」のキャッチコピーにあったように、ふたりが共に力を合わせて領国経営をしていく姿が話題になった。

夫・利家を支えた妻のことば

激しく天下が揺れ動いた戦国時代。3人の天下人と身近に接した利家(唐沢寿明)は、幾度となく厳しい状況に身を置くこととなった。信長(反町隆史)からの無理難題、ライバル・秀吉(香川照之)との関係、そして家康(髙嶋政宏)との駆け引き……。利家はときにまつ(松嶋菜々子)に弱音を吐き、まつはそんな夫に対し「男のなかの男ではござりませぬか」などと巧みに励ました。

頼もしい発言で人の心をつかむ

「なにからなにまで、この私にお任せくださりませ」。さまざまな場面でまつが口にした名言が初めて登場したのは、利家と結婚したばかりのころ。領民たちを前に高らかに宣言していた。また、桶狭間の合戦の行方に不安を覚える織田方の女性たちには「勝ちますとも」と、なんとも心強い発言。するどいカンに裏打ちされたまつの言葉が、多くの人々の心を落ち着かせた。

権力に屈しない率直な物言い

暴君と恐れられた信長にも、まつは常に率直に語りかけた。利家の命乞いを直訴し、夫の命を救ったこともあった。また、後に主君となる秀吉には、妻・おね(酒井法子)との友情も手伝って、その浮気グセにお灸(きゅう)をすえることも。「徳川様は私の天敵にござりまする」と、長女と家康の息子との縁談を、家康本人を前にキッパリ断るなど、権力に屈しない堂々とした生き方が勇気を与えた。