1. トップ >
  2. スペシャル >
  3. 第3位 龍馬伝 -エピソードで振り返る! 人気大河「ベスト10」-

エピソードで振り返る! 人気大河「ベスト10」(「あなたの好きな大河ドラマ」投票結果より) 第3位 第49作 龍馬伝 2010年(平成22年)

エピソード3 龍馬の友、師、同志

土佐、江戸、神戸、京都、長崎……、龍馬とその人生の一時期を共有した人々を演じた魅力的な顔ぶれ。彼らは歴史上の人物を身近な存在のように感じさせてくれた。

土佐勤王党の面々

龍馬の良き友であり、土佐勤王党を結成した武市半平太を演じたのは大森南朋さん。最後まで信念を曲げずに生きた武市を誠実に、力強く演じきった大森さんの熱演に心打たれたファンは多い。同じく土佐勤王党の平井収二郎役・宮迫博之さん、岡田以蔵役の佐藤健さんの壮絶な最期も話題となった。

龍馬もともに過ごしたのびやかな青春時代。しかし、その果てに待っていたのは悲惨な運命だった。すさまじいエネルギーを発散させて生きた若者たち。これが初の本格的時代劇出演となった佐藤健さんは、そんな彼らの熱い思いを体感した興奮がなかなか冷めやらず、自らの最終収録が終わった後も、なかなかスタジオから去ろうとしなかったという。

“龍馬通”が演じた勝海舟

武田鉄矢さんの龍馬への傾倒ぶりを知らない人はいないだろう。武田さんの自室には龍馬の写真が飾られ、命日には欠かさず、龍馬の好物だった酒と混ぜご飯を供えているという。その武田さんが龍馬の師・勝海舟を演じたというのも興味深いキャスティングだった。

下町の江戸ことばで小気味よいテンポの勝海舟を演じた武田さん。スタジオでスタッフや共演者をつかまえては、当時の情勢や歴史観などを興味深く語っていたようだ。ときには“龍馬通”の虫がうずいて、龍馬役についてもさまざまなアイデアを持ち込んだという。ところが「福山(雅治)くんは役や芝居の話になると、うまくそらせるんです(笑)」と却下されてしまったことすら、楽しそうに語っていた。

夢半ばで散った高杉晋作

後半の「龍馬伝」で注目を集めた人物が、伊勢谷友介さんの演じた高杉晋作だ。高杉の私心のない生き方に共感したという伊勢谷さんの熱演に、「これ以上の適役はない」といった声が番組に多数寄せられたそうだ。

高杉は龍馬より一足早く、志半ばで病に散った。その最期は、奇兵隊の仲間たちが高杉と一緒に飲みたいと集まってきて花見をするという設定だった。満開の桜のもと、高杉の三味線でうたう仲間たち。身分など関係ない新しい国の形を目指した高杉の精神が、そのまま映像化されたようなシーンであり、その一方、満開の桜が夢半ばで散る高杉を象徴しているともいえる切ない幕切れだった。