1. トップ >
  2. スペシャル >
  3. 大河ドラマの人気主人公特集 1 幕末の風雲児 坂本龍馬

大河ドラマの人気主人公特集 1 幕末の風雲児 坂本龍馬

大河の主人公に二度以上抜てきされた栄えある歴史上のヒーローとは? また、その人気の秘密は? 同じ人物を主人公に描いた作品を振り返りながら、その違いや魅力に迫る。

  • 第6作 竜馬がゆく1968年(昭和43年)
  • 第49作 龍馬伝2010年(平成22年)

主人公比較 ヒーロー像から主演俳優まで

坂本龍馬像のスタンダード

「竜馬がゆく」は、19歳の竜馬が剣術修業のため、江戸に旅立つ日から物語がスタート。イキイキとした明るい性格で関わる人をひきつけずにはおかない魅力あふれる人物として描かれ、その大物ぶりにほれ込む泥棒役として三木のり平が登場している。

主演の北大路欣也は当時25歳で、趣味だった車の運転を絶って、北辰一刀流の剣術、三味線、一弦琴を習い、役作りに打ち込んだ。原作の司馬遼太郎も期待を寄せたという北大路の好演で、豪放磊落(らいらく)、かつ情熱的な竜馬像を印象づける作品となった。

※司馬遼太郎は大河ドラマ「竜馬がゆく」の原作となった同名小説で、実際の坂本龍馬と小説の主人公を区別するため、龍馬の「龍」の字をあえて「竜」と表記。大河ドラマでも主人公の名を原作と同じ坂本竜馬とした。「龍馬伝」は、実際の表記「龍馬」としている。

等身大のヒーローとして描かれた龍馬

「龍馬伝」では、ごく普通の青年が、悩み、傷つきながら、日本を動かす大人物に成長していく姿を描き、これまでの龍馬像を一変させた。物語は濱田龍臣が演じた子ども時代から始まり、18歳で福山雅治にバトンタッチ。「福山龍馬」はプロローグとなる第1部ですがすがしくピュアな印象を残し、第2部以降、歴史を変えるほどの行動力と、人間的魅力を備えていく。演じる福山は「夢を抱いて上京した自分と龍馬の生き方が重なった」と話し、撮影中は共演者、スタッフから「龍馬そのもの」との声が多く聞かれた。

作品の特徴 視点、見どころ、個性...

方言のセリフは大河ドラマ史上初

司馬遼太郎の同名小説をドラマ化した「竜馬がゆく」は、坂本竜馬の視点を中心に物語が展開。竜馬の故郷・土佐のことばをセリフに用いるなど、大河ドラマ史上初の試みも多かった。海援隊の蒸気船のシーンでは、クレーンカメラや大型扇風機が大活躍。迫力ある映像づくりが行われた。

竜馬を取り巻く主な人物・妻のおりょうを演じたのは浅丘ルリ子。乙女役は水谷良重(現・水谷八重子)。武市半平太を演じた高橋英樹は時代劇初挑戦で、切腹の場面が近づくと助命嘆願が殺到したという。

※司馬遼太郎さんの「遼」は、正しくは「遼」です。司馬遼太郎さんの「遼」が環境によって正しく表示できないため、文中では「遼」を使用しています

ドラマの個性を決定づけた弥太郎の視点

前作とは違う斬新な切り口で話題を呼んだ「龍馬伝」は、福田靖のオリジナル脚本。日本屈指の経済人・岩崎弥太郎の視点から描き、話題を呼んだ。福田は「既存の龍馬像の呪縛は大きかったが、踏みとどまるよう意識した」と、執筆時の苦労を明かしている。また、弥太郎は、驚くほど汚れた身なりで登場し、香川照之の演技力と相まって、注目を集めた。

ドラマは4部構成で、人物デザイン監修を初めて導入。撮影方法も独特で、リアリティーを追求した演出と映像技術にこだわり、見る者を画面にくぎづけにした。

こんなエピソードも

竜馬と龍馬が握手

現在放送中の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で、徳川家康を演じる北大路欣也。その収録が始まったばかりのころ、偶然にも隣のスタジオで「龍馬伝」を撮影していた福山雅治と初対面し、握手を交わしたそう。しかも、その日はちょうど龍馬暗殺の撮影日だったのだとか。坂本龍馬という破格のヒーローを、大河ドラマの主役として演じた2人は、42年の時を超え、どんな思いを通わせたのか…。龍馬を介した不思議な縁が感じられる出来事だ。

龍馬の話題はNG!?

「龍馬伝」への出演前、福山雅治には、坂本龍馬イコール武田鉄矢という強烈なイメージがあったそう。それもそのはず、武田は自ら結成したフォークグループに海援隊と命名したほどの龍馬好きで有名。「龍馬伝」では勝海舟を演じ、撮影の合間に抱負な知識を披露することも多かったようだ。しかし、福山は「ドラマの龍馬像に徹するため、龍馬に関するほかの情報を入れたくない」と、うまくそらしていたのだとか。武田もそんな福山の思いを知り、「なるべく龍馬を語ることを控えている」と話していた。

  • 大河ドラマの人気主人公特集 1 幕末の風雲児 坂本龍馬
  • 大河ドラマの人気主人公特集 2 庶民の英雄 豊臣秀吉
  • 大河ドラマの人気主人公特集 3 戦国の名将 徳川家康
  • 大河ドラマの人気主人公特集 4 人望厚い忠臣 大石内蔵助
  • 大河ドラマの人気主人公特集 5 悲劇の若武者 源義経
  • 大河ドラマの人気主人公特集 6 平氏全盛を築いた 平清盛