作品紹介

平成29年度後期

第97作「わろてんか」

全151回

ポイント

  • 大阪のお笑いの礎を築いた興行師、吉本せいがモデル。
  • 全151話のダイジェストを劇中劇で見せるという、最終回の斬新な展開が話題に。
  • 松坂桃李は、「梅ちゃん先生」(2012年)に続き、2回目のヒロインの夫役を務めた。

あらすじ

明治後期、京都の老舗薬種問屋の長女として生まれた藤岡てん(葵わかな)は、笑い上戸の女の子。
笑いをこよなく愛する旅芸人の北村藤吉(松坂桃李)と運命的な恋に落ちたてんは、親の反対を振り切って駆け落ち同然で大阪へ。そして、夫婦となった2人はう余曲折の末に寄席興行の世界へ飛び込み、小さな寄席「風鳥亭」を開業する。
度重なる困難に直面しながらも、ビジネスパートナーの伊能栞(高橋一生)や武井風太(濱田 岳)らに助けられ、日本中を笑いで元気にしていく。

【放送期間】
2017(平成29)年10月2日~2018年3月31日
【作】吉田智子
【音楽】横山 克
【語り】小野文惠アナウンサー
【主題歌】
松たか子「明日はどこから」
【主な出演者】
葵わかな、松坂桃李、鈴木保奈美、遠藤憲一 ほか

コメント

私にとって「わろてんか」は、師であり、母であり、子にも思える、今の自分とは切っても切りはなせないもの。たくさんのことを教えてもらった作品です。お着物だったので衣装替えに時間がかかり、衣装さんのお部屋からスタジオまで、助監督さんと走っていたのが懐かしいですね。「わろてんか」を私と同じように大切に思ってくださる方がいるとしたら……感激です。「生きててよかった」って思います(笑)。これからも「わろてんか」のキャラクターが、みなさまの心の中で生き続けることを願っています。