スタッフブログ

特集オーディオドラマ『春麻呂の夢』まもなく放送!

 

 特集オーディオドラマ『春麻呂の夢

 1月6日(土) 午後10時~午後11時(全1回) NHK-FM

 ★「らじる☆らじる」同時配信&「聴き逃し」配信1月8日(月)正午~15日(月)正午

 

オーディオドラマ担当Fです。年明け最初の土曜日の夜、通常の「FMシアター」の放送枠を1時間に拡大して、特集オーディオドラマ『春麻呂の夢』をお送りします。

 harumaro_20171210.JPG

 『春麻呂の夢』収録スタジオにて 

 

お正月、日本古来の習俗に触れる機会も多かったのではないでしょうか。『春麻呂の夢』の舞台は、いにしえの奈良、平城京を捨てて新たな都が建設されつつある木津川沿いの普請場です。現在で言えば京都府の南部になります。日本史で遷都という言葉が印象に残っている方も多いでしょう。平城京から平安京に移るまでの間に、世が乱れ、災いが重なったことを恐れて、都を移そうとしたことがあったのです。

 nishii.jpg

           春麻呂役の西井幸人さん

 主人公は、腕っ節は強いもののまだまだ幼さを残す少年・春麻呂。乱暴な親方(渡辺徹)のもとで、都を築くための材木の運搬という過酷な労働に日々いそしんでいます。ある明け方、その春麻呂に不思議な出来事が起こります。天から頭の上に落ちてきた鳥の糞の中に、小さくて奇妙な御札のようなものが紛れ込んでいて、その謎の物体が春麻呂の頭の中に語りかけてくるのです。

 sumikasan_02.JPG

         野々すみ花さんとダミーヘッド・マイク

 春麻呂に語りかけてくる御札のような物体の声を演じていただいたのは、野々すみ花さん。スタジオの一角のブースの中で向かい合っているのは、人の頭の形をしたダミーヘッドと呼ばれる特殊なマイクです。通常とは異なり、聴く方の頭の近くで音声が響くような効果を出すために使用されるもので、放送をヘッドフォンで聴いていただいた時、その効果が発揮されます。

 sumikasan_07.JPG

 人間以外の役を演じる機会は、流石になかなかないそうですが、今回のファンタジー的な世界観の中で、機械的な人工知能AIと月の女神様が合わさったようなイメージを声に乗せていただきました。

御札のような謎の物体が春麻呂少年に何を語りかけるのか、よろしければ放送やネット配信でお確かめ下さい。

 


 

特集オーディオドラマ『春麻呂の夢』(全1回)

~天平の世、少年は不思議な声に導かれ「外」の人生を夢見る~

 

【作】相良敦子

 

【音楽】菅野由弘

 

【出演者】

西井幸人 渡辺徹 竹下景子 野々すみ花

野本ほたる 新橋耐子 土屋シオン 石田圭祐

永嶋柊吾 高橋克明 小多田直樹

大西統眞 櫻井優輝 植原星空

 

【あらすじ】

奈良時代、天平の世、都が転々とさまよった。内乱の勃発、疫病の流行、混迷を極める国のマツリゴトの行き詰まり。それらを払拭し、人心を一新しようとしての遷都であった。平城京の次なる都は、恭仁京(くにきょう)。木津川沿いの小さな盆地だ。新たな都を築くべく人々が集う普請場に、春麻呂と呼ばれる少年がいた。孤児である。貴族のような愛称をつけてくれた親方に、こき使われる日々。ある明け方、春麻呂の前に、天から鳥の糞に紛れて小さな陶片のようなものが降ってくる。それを手にしていると、頭の中に不思議な声が聞こえてきて……。先行き不透明な時代の中、自らの未来と幸福を問う少年の姿を寓話的に描く。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:02 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ