スタッフブログ

『オンナミチ』"オバちゃんスタッフS"の撮影日記 その24「脚本家のメッセージ・続編」

こんにちは。“オバチャンスタッフS”です。

いつも「オンナミチ」をご覧いただき、ありがとうございます。

 

「オンナミチ」は2人の脚本家の方に書いて頂いているのですが、

今日は、脚本の坪田文さんの“作品への思い”をご紹介しますね~。

 

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~

29歳の時、ほんっとうに30歳になるのが嫌でした。

20代ってなんだかんだで色々許される事もたくさんあって。

そういう事、全部終わっちゃう!って、凄く焦ってました。

「イヤだイヤだ。30歳になりたくない!」って周りに愚痴りまくっていたんですが、

そういう時、周りのお姉さま方が言うんですね。

「30代は楽しいよ~」って。

現在、32歳になって。その言葉の意味がやっと分かってきた気がします。

「30代は(すっごい大変だけど)楽しいよ」

 

オンナミチのお話をいただいたのは、32歳を目前に控えた頃で。

「厄年じゃん。厄払い行くべき??」なんて悩んでた頃でした。

主人公の梨花が32歳厄年と聞いて、俄然やる気になったのを覚えています。

原作を読んだら、本当にすっかりハマって。セリフの一言一言が沁みて……。

梨花のもがき前進する姿と、梨花と一緒に笑って泣いてバディになってくれるオバちゃんの優しさや切なさに本当に……「私もオバちゃん欲しい~!!」

 

32歳。今までなかった責任やプレッシャー。結婚やら何やらと怒涛の様に試練が押し寄せる年頃。髪バサバサだし、徹夜は辛いし……。なんかブス!な日もあって。けど……

「そんな『わたし』を『わたし』が好きになる」

それってとっても大切な事だなと脚本を書き終わって、オンエアを見ながらしみじみ感じてます。

女32歳。色んな厄は押し寄せてきてますが、まだ厄払いには行ってません。

梨花のようにがむしゃらに乗り越えれば、厄年もまた楽しからずや……なんて。

 

他にも、一緒に本作りをして下さったS&Iプロデューサーとのお話やKさんとの同年代トークがすごく参考になった事とか色々書きたい事は盛りだくさんですがとりあえず言いたい事は……

オンナミチ最終回 ぜったいぜったい見て下さーい!!

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~

 

坪田さんありがとうございます。

 

さあ、皆様! いよいよ、今夜(22日)23時15分から、最終回です!!

お見逃しなく~!!

05_11_13_039.jpg

HPトップは→こちら

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:オンナミチ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ