検索
閉じる
たるみも口臭もシャットアウト!マスク時代の新お悩み★解消術
話題 健康

たるみも口臭もシャットアウト!マスク時代の新お悩み★解消術

2021年6月2日(水)午後7時30分
2021年6月9日(水)午後3時10分
NHK+(プラス)番組配信中 NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

みなさん、日頃からマスクをしっかりつけていますか?
いまや日々の生活に欠かせない存在となったマスクですが、長引くマスク生活から、思わぬお悩みが発生しているんです!今回は口臭・顔のたるみ・日焼けという代表的な“お悩み”を3つご紹介します。もちろん、そうしたお悩みを簡単に解消できちゃう秘策も大公開!これからも、快適なマスク生活を続けちゃいましょう!

今回のお役立ち情報
01

マスク生活でなぜか気になる口臭は、アメで簡単に解消!

番組アンケートによると、マスクをするようになってから口臭に悩んでいる人は、1000人中192人、およそ2割もいました。いったいなぜなのか?

口臭に悩む方々の協力を得て実験を行ったところ、マスクをすることでつい気が緩み、口を開けて口呼吸してしまう人がいるのが分かりました。口を開けて呼吸する機会が増えると、口内が乾燥することで舌に細菌が繁殖し、口臭の原因となる舌苔(ぜったい)が増えてしまいます。
また、マスクを長期間つけることで舌や口を動かす機会が減少し、舌をきれいにしてくれる唾液の分泌が減少することも、舌苔(ぜったい)ができる原因の一つと考えられています。ではどうすれば良いのか?専門家がお勧めするカンタンな解消法がアメを舐めること。アメを舐めると、自然と口が閉じて乾燥しにくくなると共に、唾液の分泌が促進されるのです。そこで舌の細菌が多く、口臭に悩む3人の方に毎日3〜5個のアメを1週間舐めてもらったところ、なんと全員の口臭が改善しちゃいました。マスクをしているのに口が乾いて口臭が気になる方、無理なく続けることができるアメを試してみてはいかがでしょうか?

注意点

アメを習慣的に舐める場合、虫歯を予防するためシュガーレスのアメで行ってください。また、口臭にはさまざまな原因があり、アメが必ず口臭を改善するわけではありません。

02

気になる顔のたるみは1日10回の運動で解消しちゃいましょう!

最近、鏡で自分の顔を見て「たるんだな~」と感じていませんか?そこでその原因を徹底調査したところ、マスクをして会話するときは、マスクをしないで会話する時に比べて、顔のたるみに関係する筋肉=大頬骨筋(だいきょうこつきん)を使っていないことが分かりました。
つまり長引くマスク生活によって口の周りの筋肉が運動不足になり、顔のたるみにつながったと考えられるのです。
そんな方にお勧めなのが、「ニパニパ」体操です。

 

  1. 口を「二」と開いて口の端を斜め上に持ち上げ、そのまま5秒間キープします。
  2. 5秒経過したら、いれた力を「パ」と抜きます。


「ニパニパ体操」の目安は1日に10回1セット。
効果には個人差がありますが、およそ2週間続けると顔のたるみの改善が期待できます。

03

暑い季節にぜひ気をつけたい!紫外線対策のワナ

もうすぐやってくる暑い夏に活躍するのが日焼け止め。しかしマスクをしていると、マスクの下には日焼け止めを塗らなかったり、日焼け止めを塗る量が全体的に少なくなったりしていませんか?そこで、紫外線をカットする効果を特別にうたっていない不織布マスク5種類の紫外線透過率を番組が調べたところ、17%から36%程度という結果が出ました。専門家によると、29.5%のものを紫外線防御効果を表す「SPF」に換算すると、多少多めに見積もっても、「4」程度。紫外線カット効果のない不織布マスクの紫外線防御効果は非常に低いのです。たとえ日焼けが目に見えなくても、紫外線による肌へのダメージの蓄積は将来的にシミやシワの発生原因にもなるので油断は大敵!紫外線が強くなるこれからの季節、マスクの下にもしっかりと日焼け止めを塗って紫外線対策を行ってください。