検索
閉じる
開け!スリムへの道 新感覚☆食べ過ぎ防止術
健康 美容

開け!スリムへの道 新感覚☆食べ過ぎ防止術

2021年9月22日(水)午後7時30分
2021年9月29日(水)午後3時10分
NHK+(プラス)番組配信中 NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

スリムな体を手に入れるための方法に、新たな道が見つかった!?ガッテンが今回注目したのは私たちの味覚。甘味や酸味などいろんな味がある中で、昆布やかつお節から取った“だし”に多く含まれる「うま味(み)」に、肥満を防ぐカギが眠っているというのです!ある方法で自分の舌を“うま味を感じやすい舌”に変化させると、なんと自然に食べ過ぎを防げる可能性が!うま味と肥満との間に一体どういう関係があるのか!?「スリムへの道」を開くための最新研究を、いち早くご紹介します。

 

今回のお役立ち情報
01

スリムへの道 鍵となるのは“うまみ舌”?!

2020年に「うま味感度の低下は肥満の新たな予測因子」であるという、日本人を対象にした研究が発表されました。“うま味”に対する味覚感度が低い人には肥満状態の人が多く、感度が良好な人に比べると摂取エネルギー量が増えやすいことが示されたのです。また、うま味に対する味覚感度が低い人は、甘いものが好きだと答える人が多かったこともわかりました。専門家は、「うま味感度は一日の摂取カロリーと深く関わっていると言われており、うま味感度を正常に維持することが食べ過ぎを抑えて肥満予防につながる可能性がある」と述べています。
また、うま味の研究は海外でも。イギリスのある研究では、うま味成分の入ったスープを飲むと満足感を得やすくなり、食欲が抑えられることも明らかになりました。今、世界中でうま味とカロリー摂取の関係を解き明かすための研究が進められています

02

うま味を取って感度UP!“うまみ舌”を鍛えよう

私たちのうま味感度はどれくらいなのか?今回、専門家協力のもと、番組独自で大調査を行いました。すると、103人中26人のうま味感度が低下しているという結果に。そこで番組では、うま味感度が低下している8人の方に協力してもらい、1日小さじ1杯のうま味成分を2週間摂取してもらうという実験を行いました。結果、8人中6人のうま味感度がアップ。また、実験2週間前と比較して8人中5人の方で1日の摂取カロリーの平均値が減少しました。専門家によると、うま味を継続的にとることで肥満が改善されるかどうかは、これから研究が進むことが期待される、ということでした。

03

普段の食事でうま味を取り入れるコツ!

うま味成分には、昆布などのだしに含まれる「グルタミン酸」、肉や魚に含まれる「イノシン酸」、そして、干しシイタケに多く含まれる「グアニル酸」があります。うま味感度を左右する舌の「うま味受容体」の数をアップさせることが科学的に確かめられているのは、「グルタミン酸」です。

グルタミン酸は、昆布以外にもトマトやパルメザンチーズなどに豊富に含まれています。さらに、少量ではありますが、私たちが普段食べている肉や魚、野菜、お米にも含まれているんです。お酒を飲み過ぎたり、辛い食べ物、お菓子などに偏った食生活になると、グルタミン酸を摂取する量が減るため受容体ができにくくなりますが、普段から栄養バランスの良い食事をすることで、うま味感度を健康的に維持することができるのです!