検索
閉じる
ついに明かされた!メーカー極秘事項 健康食ゼリーが別次元の美味しさにSP

ついに明かされた!メーカー極秘事項 健康食ゼリーが別次元の美味しさにSP

2021年11月10日(水)午後7時30分
NHK+(プラス)番組配信中 NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

あなたは「本当のゼリー」を知らなかった!?ゼリーの素の開発者が明かす「公式レシピには載っていない、ゼリーの本当のおいしさを引き出す秘密のレシピ」を大公開!更に番組は、これまでなぜそのレシピが公にされてこなかったのか、その秘密も取材。すると見えてきたのは、開発者、メーカー、そして消費者のさまざまな事情と思いだった!また、ゼラチンゼリーだけでなく、寒天ゼリーや増粘多糖類の魅力もご紹介!おいしくて奥深い、ゼリーの世界にご案内いたします!

今回のお役立ち情報
01

メーカー社員が衝撃の告白!口溶け最高のなめらかゼリーの作り方

ゼリーの素(ゼラチン)メーカーの商品開発課の森美和さんは「自分は商品パッケージのレシピ通りには作らない」と衝撃の告白をしました。その理由は、ゼリーはゼラチンの濃度を薄くして作った方が、ゼリー本来の魅力である「口溶けの良さ」をいかせるから。しかし、薄く作ると「固まりにくい」という問題が発生し、お客さんからクレームが増えてしまう可能性があります。そのため会社は仕方なく、誰でも失敗なく固められるよう濃いめのレシピをパッケージに記載していたのです。でも口溶けの良いゼリーを作るためのコツはあります。たくさんの情報を記載する事ができないパッケージの代わりにガッテン!がそのポイントをご紹介!

 

口溶けなめらか!ゼラチン濃度1.2%の森ゼリー

【作り方のポイント】

  1. ゼラチン粉末の分量はジュースなどの液体に対して1.2%。1袋(5g)の場合、液体はおよそ420ml。
    ※メーカーによって分量は異なりますが、濃度を薄くすることでなめらかで口溶けの良いゼリーができることは共通しています。
  2. ゼラチン粉末が溶け切っていないと固まらない原因になりますので、液体に溶かす際には、おたまですくって見て、溶け残りが無いか確認します。
  3. このゼリーはとても柔らかいので型で抜かず、カップで作ってください。
  4. 固まらない原因の多くは冷やす時間が短いこと。強い弾力を楽しめる会社のレシピ通り(ゼラチン濃度2%)に作る場合は、冷蔵庫で1時間、1.2%濃度の場合は3時間を目安にしてください。

02

寒天マジック!不思議な特性をいかした寒天ゼリー

市販されている寒天粉末でゼリーを作るとすごく硬いものができあがります。パッケージに書いてあるレシピはみつ豆用だからです。でも、寒天でもやわらかフルフルのゼリーを作ることはできます。その方法は寒天濃度をぐっと低くすること。レシピの濃度は0.8%でしたがガッテンでは0.2%まで薄くしました。すると、究極に柔らかく、寒天の特徴であるみずみずしさがあふれるゼリーになったんです。また寒天には「固まりやすい」という特徴と「高温でも溶けない」という特徴があります。これらをいかして作ったのが、一瞬で固まるアイスコーヒーゼリーと心も体も温めてくれるホットミルクゼリー。ユニークな寒天ゼリーをお楽しみください!

 

究極にみずみずしい!ガッテン流寒天ゼリー

【作り方のポイント】

  1. 寒天粉末の濃度をジュースなどの液体に対して0.2%にします。寒天粉末1/4(1g)の場合、液体は500mlです。
  2. 寒天をとかす時は、沸騰した状態を弱火で保ち2分ほどかけてしっかり溶かします。
  3. このゼリーはとても柔らかいので型で抜いたり、バットで作らず、カップで作ってください。

03

一瞬で固まる!アイスコーヒーゼリー

一瞬で固まる!アイスコーヒーゼリー

[材料]

2人分

【A】

  • 寒天  約3つまみ(0.5g)
  • 水  100g
  • コーヒー  2g
  • バニラアイス  1カップ(200ml)

[作り方]

  1. 器を冷蔵庫で冷やしておく。
  2. 小さめの鍋に【A】を入れ混ぜながら沸騰させ、沸騰したら弱火にして1~2分ほど加熱する。
  3. 火からおろし、しっかりと粗熱を取る(目安はさわれる温度。指を入れられるくらい)。
    ※鍋をボウルなどに入れた水で冷やしながら50℃くらいまで粗熱を取る。
  4. ①を取り出しバニラアイスを盛りつける。
  5. バニラアイスに③のコーヒー液をかける(10~15秒程でコーヒー液が固まります)。

レシピ関連キーワード :

デザート

04

心も体も暖まる!ホットミルクゼリー

心も体も暖まる!ホットミルクゼリー

[材料]

2人分

【A】

  • 寒天  1.5g(約小1/2)
  • 牛乳  300g
  • 砂糖  10g

[作り方]

  1. 鍋に【A】を入れ混ぜながら沸騰させ、沸騰したら弱火にして1~2分ほど加熱する。
  2. 火からおろし、耐熱性(電子レンジ対応可能)の器に半分ずつ注ぎ、粗熱を取ってから冷蔵庫で固める。
  3. ②が固まったら、電子レンジ500wで1分ほど加熱する。
    ※温まっていなかったら10秒ずつ追加加熱してください。
    ※加熱しすぎると寒天がとけてしまうため、ほんのり温まるくらいが目安です。

レシピ関連キーワード :

デザート